Google検索の生成AI機能(SGE)について

Published on:

Googleは常に進化し続ける検索エンジンを提供することで知られており、その最新の取り組みの1つが「Search Generative Experience(SGE)」です。SGEは、AI(人工知能)技術を駆使して、検索結果に質の高い回答や情報を生成する革新的な機能です。この記事では、GoogleのSGEについて詳しく見ていきましょう。

SGEとは?

SGEは、Googleが提供する新たな検索体験の一環として開発されたAI機能です。この機能は、検索ユーザーがクエリを入力すると、関連性の高い情報だけでなく、AIが生成した回答も表示されるというものです。これにより、ユーザーは迅速に有益な情報を得ることができるだけでなく、AIが生成した独自の洞察も得ることが可能となります。

こちらも参照  DALL-E 3のリーク情報: AI画像生成が次世代へ飛躍する新展開

SGEの機能と利点

SGEは、以下のような機能と利点を持っています。

  • 生成AIによる質の高い回答: SGEは、大規模言語モデル(LLM)と呼ばれるAI技術を使用して、クエリに基づいて自動的に回答を生成します。これにより、ユーザーは関連性の高い情報にアクセスできるだけでなく、AIが独自の視点で情報を提供することも期待できます。
  • 情報の多様性と即時性: SGEは、複数の情報源から情報を収集し、多様な視点や情報を提供します。また、リアルタイムで生成されるため、最新の情報にも迅速にアクセスできます。
  • 関連質問の提供: SGEは、ユーザーが関心を持ちそうな関連質問も提供します。これにより、ユーザーはより深い洞察を得るために関連情報を探求することができます。

SGEの利用方法

SGEを利用するには、以下の手順を実行します。

  1. Googleアカウントの登録: SGEを利用するためには、Googleアカウントを登録する必要があります。Googleアカウントを持っていない場合は、まずアカウントを作成しましょう。
  2. Search Labsへのアクセス: Googleアカウントを登録したら、Search Labsにアクセスします。これにより、SGEの機能を有効にすることができます。
  3. 検索クエリの入力: Search Labsにアクセスしたら、通常どおり検索クエリを入力します。すると、従来の検索結果に加えて、SGEが生成した回答も表示されます。
  4. 関連情報の探求: SGEが生成した回答や関連質問を活用して、より深い情報を探求しましょう。関連情報をクリックすることで、さらに詳細な情報を得ることができます。
こちらも参照  文法チェッカー - Google 検索の最新 AI 機能の使用方法?

以上のステップを実行することで、日本でGoogle SGEを有効にし、AIによる概要表示と追加質問を利用することができます。

SGEの試験運用と今後の展望

SGEはまだ試験運用の段階であり、Googleはその品質向上に向けて取り組んでいます。生成AIとLLMには制限が存在し、常に正確な情報を提供することが保証されるわけではありませんが、Googleは高品質な検索体験を提供するためにSGEをトレーニングしています。ユーザーには「品質にむらがある可能性がある」という注意書きが表示されるため、注意深く情報を利用することが大切です。

こちらも参照  エクス・マキナ: 人工知能と人間の交差点を探求する革新的な映画

今後、SGEはさらなる改良と拡張が期待されています。ユーザーのフィードバックや利用状況を元に、より使いやすく、有益な情報を提供するためのアップデートが行われるでしょう。

Googleの最新AI「SGE」でSEOはどう変わる?

Googleの最新AIである「SGE(サーチジェネレーティブ xperience)」は、検索エンジン最適化(SEO)に大きな変化をもたらす可能性があります。従来のSEOは、キーワードの選定やコンテンツの最適化に焦点を当てており、上位にランクされることが重要でした。しかし、SGEの導入により、以下のような変化が予想されます。

  1. 直接的な回答の表示: SGEはユーザーの質問や検索キーワードに対して、直接的な回答を表示する能力を持っています。これにより、ユーザーは検索結果をクリックせずに必要な情報を得ることができるため、従来のようなランキングの重要性が低下する可能性があります。
  2. リスト型検索結果の減少: 従来の検索結果ページに表示される1位から10位のリスト形式の結果が減少するかもしれません。代わりに、ユーザーが求める情報が即座に表示されるため、ユーザーは直接的な回答にアクセスする可能性が高くなります。
  3. コンバージョンの重要性の増加: SGEにより、ユーザーはより迅速に求める情報を得られるため、コンバージョン(購買や行動への変換)が重要な指標となります。従来のアクセス数やランキングだけではなく、ユーザーのニーズにどれだけ応えられるかが重要となるでしょう。
  4. ユーザー体験の向上: SGEはユーザーが簡単に目的の情報を得ることを可能にするため、ユーザー体験が向上します。検索結果が直感的で、深堀りして関連情報を取得できるため、ユーザー満足度の向上が期待されます。
  5. 新しいSEO戦略の必要性: 従来のキーワード最適化だけではなく、直接的な回答やコンバージョンの向上を考慮した新しいSEO戦略が必要になるでしょう。コンテンツの質とユーザー体験が重要となり、AIによる自動生成された回答やコンテンツがランク付けに影響を与える可能性もあります。

総じて、SGEの導入により、検索エンジン最適化のアプローチが従来から大きく変わり、ユーザー体験とコンバージョンの向上が中心となる可能性が高まります。

Google SGE リリース後も SEO は効果がありますか?

GoogleのSGE(Search Generative Experience)が導入された後も、SEO(Search Engine Optimization)の重要性は依然として存在します。SGEは新しい検索体験を提供するものであり、AIによる自動生成コンテンツがユーザーに提供される一方で、依然として検索エンジン最適化の基本的な原則は影響を受けずに継続されると考えられます。

具体的には、以下の点に留意すべきです。

  1. ユーザーの意図に合ったコンテンツの重要性: SGEは自動生成コンテンツを提供するものですが、ユーザーの意図やニーズに合致するコンテンツが依然として重要です。SEOの基本的な原則である高品質なコンテンツ作成とユーザー中心のアプローチは継続して意義を持ちます。
  2. キーワードの選定と最適化: SGEはAIによる回答生成を行いますが、キーワードの選定や最適化は引き続き重要です。ユーザーが特定のキーワードで検索する際に、関連性を高めるための努力は効果を発揮します。
  3. コンテンツの分析と改善: SGEによる自動生成コンテンツの結果を分析し、必要に応じて改善を行うことは大切です。自動生成されたコンテンツも正確性や情報の価値が求められます。
  4. ユーザーエクスペリエンスの向上: SGEが提供する新しい検索体験に関しても、ユーザーエクスペリエンスの向上を考えることがSEOの一環です。コンテンツのアクセシビリティやページの読み込み速度など、ユーザーが快適に情報にアクセスできる環境を提供することが重要です。
  5. 技術面での最適化: SGEの影響を最大限に活用するために、テクニカルな側面での最適化も必要です。サイトのクローリングやインデックシングの効率化、モバイルフレンドリーなデザイン、HTTPSの使用などが引き続き重要です。

総じて言えることは、SGE導入後もSEOの基本原則は変わらず、ユーザー中心のコンテンツ提供やキーワード最適化、技術的な最適化が依然としてSEOの成功に影響を与えるということです。

まとめ

Googleの生成AI機能「SGE」は、検索体験を新たな次元に引き上げる革新的な機能です。AIによって生成される回答や関連情報は、ユーザーに有益な情報を提供すると同時に、新たな視点や洞察をもたらす可能性があります。試験運用の段階では品質にむらがあるかもしれませんが、今後の改良に期待しつつ、SGEを通じてより豊かな検索体験を享受しましょう。

ソース: https://japan.googleblog.com/2023/08/search-sge.html

関連している

最新の投稿