Bing Image Creatorは商用利用できるのか?著作権はどうなるのか?

Published on:

Microsoft(マイクロソフト)が提供するBing Image Creator(ビング イメージ クリエーター)は、AI技術を駆使してイラストを簡単に生成できる画期的なツールです。多くのクリエイターやビジネス関係者が関心を寄せる中、このツールの商用利用や著作権についての疑問が浮上しています。本記事では、Bing Image Creatorの商用利用可能性と著作権について詳しく解説します。

Bing Image Creatorとは?

まず初めに、Bing Image Creatorが何かを理解しましょう。Bing Image Creatorは、ユーザーが独自のプロンプト(指示や要望を表す文章)を入力することで、AIがイラストを生成してくれるツールです。例えば、「赤いドレスを着た女性」というプロンプトを入力すれば、AIはそれに合ったイラストを作成します。

こちらも参照  Bing AI チャットをスマホで快適に利用するためのトップ6の方法

Bing Image Creatorの特徴

Bing Image Creatorは以下の特徴を持っています。

  • 高度なAI技術の活用:MicrosoftとOpenAIの連携により、高度なAI技術を活用しており、リアルなイラストを生成します。
  • 多言語対応予定:現在は英語に対応していますが、将来的に他の言語にも対応予定です。
  • ブースト機能:「ブースト」と呼ばれる特典を使用することで、画像生成の時間を短縮できます。
  • プロンプトのヒント:「おまかせで探す」や「アイデアを探す」という機能を通じて、画像生成のヒントを得ることができます。
  • Microsoft Edgeブラウザとの連携:Microsoft Edgeブラウザと連携し、便利な画像生成機能を提供しています。
こちらも参照  Bing AI Image Creator をマーケティングに使用する方法

Bing Image Creatorは、これらの特徴を活かして、クリエイターやビジネスにおいて利用価値の高いツールとなっています。

Bing Image Creatorの使用方法

Bing Image Creatorへのアクセス

  1. まず、Bing Image Creatorの公式ページにアクセスします。以下のURLをウェブブラウザのアドレスバーに入力し、ページに移動します。
  2. ページにアクセスすると、「参加して作成」ボタンが表示されます。このボタンをクリックして先に進みます。

Microsoftアカウントの登録

  1. Bing Image Creatorを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。すでにMicrosoftアカウントを持っている場合、ログイン画面が表示されます。その場合は、アカウントにログインして次に進みます。
  2. Microsoftアカウントを持っていない場合は、「Microsoftアカウントを作成」などのオプションが表示されるので、新しいアカウントを作成します。必要な情報を入力し、アカウントを作成します。
  3. Microsoftアカウントを作成またはログインすることで、Bing Image Creatorを利用する準備が整います。

プロンプトの入力とイラスト生成

  1. Bing Image Creatorにアクセスしたら、画面上部にある「プロンプト入力欄」に任意のプロンプト(指示や要望を表す文章)を入力します。これが、生成されるイラストの内容を指定するためのテキストです。
  2. プロンプトを入力したら、「生成」または「Create」ボタンをクリックします。
  3. 約15秒程度で、入力したプロンプトに基づいて4枚のイラストが生成されます。生成されたイラストは画面に表示され、ダウンロードや共有などのオプションが利用可能です。
こちらも参照  Bard? ChatGPT? BingAI?結局どれが一番いいの?その疑問に答えます!

ブーストの利用

新規利用時には「ブースト」と呼ばれる特典が25回分付与されます。ブーストを消費することで、イラストの生成時間を短縮することができます。ブーストがすべてなくなると、通常の時間がかかるようになります。ブーストは「Microsoft Rewards」というポイントサービスを通じて追加することも可能です。

おまかせで探すとアイデアを探す

さらに、Bing Image Creatorには「おまかせで探す」と「アイデアを探す」という便利な機能も備わっています。右上にある「おまかせで探す」をクリックすると、自動的に質問文が入力欄に表示されます。もし質問内容を変更したい場合は、再度「おまかせで探す」を押すことで別の質問文に変更できます。また、「アイデアを探す」という機能を選択すると、AIが生成したサンプル画像が表示され、画像にカーソルを当てるとその画像を生成したプロンプトが表示されます。これを参考にすることで、質問文のヒントを得ることができます。

以上が、Bing Image Creatorの基本的な使用方法です。このツールを活用して、簡単にイラストを生成し、クリエイティブなプロジェクトやビジネスに活用しましょう。

Bing Image Creatorで生成したイラストの著作権は誰にあるのか?

Bing Image Creatorの使い方を解説!商用利用OK?無料?

Bing Image Creatorを利用する際、最も気になる点の一つが、生成したイラストの著作権についてです。イラストを商用利用する場合や著作権に関する法的な側面を理解することは重要です。

AIが生成した画像には著作権は生じません

まず、AIが自動生成した画像について考えてみましょう。一般的に、AIが生成した画像には著作権は発生しません。著作権法は、”思想又は感情を創作的に表現した”著作物を保護対象としていますが、AIは思想や感情を持たない存在です。AIはプロンプトや学習データから情報を抽出し、それを組み合わせて画像を生成します。このため、AIが生成した画像は著作権保護の対象外とされることが一般的です。

ユーザーは自身が生成したイラストの著作権を所有します

ただし、Bing Image Creatorを利用する際にユーザーが入力したプロンプトには著作権法上、一定の重要性があります。プロンプトはユーザー自身が創造的に表現したものであり、そのプロンプトによってイラストが生成されます。したがって、ユーザーは自分が生成したイラストの著作権を保有することができます。プロンプトの内容や指示がユーザー自身の創造性や個性を反映しているため、生成されたイラストにはユーザーの著作権が関連付けられます。

Microsoftも生成されたイラストの利用許諾を取得します

一方で、MicrosoftもBing Image Creatorで生成されたイラストに関して一定の権利を持っています。利用規約に従い、Microsoftが提供するサービスを利用する際には、Microsoftのポリシーとガイドラインに従うことが重要です。Microsoftは不適切なコンテンツや著作権侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を有しており、これらの規約に違反しないように注意が必要です。

Bing Image Creatorの商用利用について

How to Use Bing AI Image Creator for Marketing

Bing Image Creatorで生成したイラストを商用利用する場合、著作権法や知的財産権に従う必要があります。商用利用に関するポイントを以下に示します。

著作権法と商用利用

商用利用において、まず著作権法に従うことが基本です。商用利用とは、イラストを広告、商品パッケージ、ウェブサイト、プロモーションなどのビジネス目的で使用することを指します。著作権法では、著作物を利用する際に著作権者から許可を受けるか、著作権に関する適切なライセンスを取得する必要があります。

Bing Image Creatorで生成したイラストは、ユーザー自身の著作物として考えられるため、商用利用に際してはユーザーが著作権者として許可を与える必要があります。この点について、明確な契約やライセンスの取り決めを行うことが重要です。

Microsoftのポリシーとガイドライン

Bing Image Creatorを利用する際には、Microsoftのポリシーとガイドラインにも留意する必要があります。Microsoftは不適切なコンテンツや著作権侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を持っており、これらのポリシーに違反しないように注意が必要です。商用利用の際には、特にコンテンツの使用許可に関するポリシーに従うことが重要です。

Bing Image Creatorの展望と今後の対応

無料】Bing Image Creatorの使い方!プロンプト(呪文)の例や、著作権についても解説 | Romptn Magazine

Bing Image Creatorは今後、どのように発展していくのでしょうか。高度なAI技術を駆使したこのツールには、さらなる可能性が秘められています。

高度なAI技術の統合

Bing Image Creatorは、高度なAI技術を活用しており、その性能向上が期待されます。将来的には、よりリアルなイラストを生成する能力が向上し、クリエイターやビジネスにとってますます価値のあるツールとなるでしょう。

責任あるAI技術の普及

AI技術の発展に伴い、責任あるAI技術の普及も重要なトピックです。Bing Image Creatorが適切なポリシーとガイドラインを提供し、不適切なコンテンツや著作権侵害を防ぐための取り組みが継続的に行われることが期待されます。

ブラウザとの連携強化やマルチターンチャットの最適化

Bing Image CreatorはMicrosoft Edgeブラウザと連携しており、利便性を高めています。今後は、ブラウザとの連携をさらに強化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる可能性があります。また、マルチターンチャットの最適化など、新たな機能の追加も期待されます。

まとめ

Bing Image Creatorは、AI技術を駆使してイラストを生成する画期的なツールです。商用利用においては、著作権法やMicrosoftのポリシーに従うことが不可欠です。また、今後の展望として高度なAI技術の統合や責任あるAI技術の普及が期待され、クリエイターやビジネスにとってますます価値あるツールとなるでしょう。しかし、常に法的な規制やポリシーの変更にも注意を払い、正当な利用を心がけることが大切です。

関連している

最新の投稿