Macで利用できるチャットGPTはありますか?MacでのチャットGPTの設定方法は?

Published on:

本記事では、まず最初にMacで利用できるチャットGPTの種類を紹介します。主に「MacGPT」と呼ばれるMac向けのアプリケーションが利用可能であり、インストールおよび設定方法について詳しく説明します。MacGPTを使用することで、Webブラウザを開く手間なく、直接アプリ内でチャットGPTを利用できます。

チャットGPTの概要

チャットGPTは、OpenAIによって開発された自然言語処理モデルです。GPTは「Generative Pre-trained Transformer」の略で、大規模なテキストデータセットで事前学習されたトランスフォーマーニューラルネットワークを基にしています。このモデルは、与えられたテキストに基づいて応答を生成することができます。

チャットGPTは、ユーザーがテキストで質問や指示を出すと、自動的に適切な回答や応答を生成することができます。その応答は、文法や文脈を正確に捉え、自然な形で提供されます。また、多くのトピックやドメインに関して幅広い知識を持っており、様々な質問に対応することができます。

チャットGPTは、カスタマーサポート、情報検索、文章生成、会話シミュレーションなど、さまざまな応用分野で利用されています。ユーザーは、チャットボットやアプリケーションに組み込んで、自動応答や対話インターフェースとして活用することができます。

GPTの最新バージョンである「GPT-3.5」は、高いパフォーマンスと応答の品質を提供しています。そして、将来的には「GPT-4」などの新しいバージョンが登場することが期待されています。これにより、より洗練された対話体験や高度な自然言語処理の能力が実現されるでしょう。

Macでの利用の重要性

MacでのチャットGPTの利用は、以下のような重要性を持ちます。

  1. マルチプラットフォーム対応: Macは広く普及しているコンピュータプラットフォームの一つです。チャットGPTがMacで利用可能であることは、多くのユーザーにとって便利です。Macユーザーは、自分のお気に入りのデバイスでチャットGPTを利用し、シームレスな体験を享受することができます。
  2. プロダクティビティの向上: チャットGPTは、効率的な情報検索や自動応答を実現するための強力なツールです。Macユーザーは、デスクトップやノートパソコンでの作業中にチャットGPTを利用することで、迅速な情報取得やタスクの自動化を実現し、生産性を向上させることができます。
  3. クリエイティビティの促進: マックは、クリエイティブな作業に適した環境として知られています。チャットGPTをMacで利用することで、文章の作成やアイデアの発展に役立つ助言やフィードバックを得ることができます。また、Macの直感的なユーザーインターフェースと組み合わせることで、よりスムーズで快適な対話体験を享受できます。
  4. 高度な統合性: Macは、さまざまなアプリケーションやサービスとのシームレスな統合性があります。チャットGPTをMacで利用することで、他のMacアプリやクラウドベースのツールとの連携が容易になります。これにより、データの共有や情報の同期がスムーズに行えるため、作業の効率化と便利さが向上します。
こちらも参照  ChatWorkとChatGPTの連携は簡単にできる

総合的に見て、MacでのチャットGPTの利用は、ユーザーの利便性、生産性、クリエイティビティの向上に寄与します。Macの優れたハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、高品質な対話体験とパフォーマンスを実現することができます。

チャットGPT for Macのインストール方法

ダウンロード手順 とインストール手順

MacにMacGPTをインストールする手順は以下の通りです。

  1. MacGPTの開発元サイトにアクセスします。
  2. サイト上で、ダウンロードリンクを見つけてクリックします。
  3. ダウンロードページに移動したら、寄付金の金額を入力するテキストフィールドが表示されますが、必要に応じて「0」と入力しても構いません。
  4. 「これが欲しいです!」などのボタンをクリックします。
  5. チェックアウト画面に移動し、連絡先のメールアドレスを入力します。
  6. 認証画面が表示されるので、指示に従って画像を選択し、「確認」ボタンをクリックします。
  7. 「許可」ボタンをクリックして、MacGPTのダウンロードが開始されます。
  8. MacGPTは通常、ダウンロードフォルダに保存されますので、Finderを開き、ダウンロードフォルダ内でMacGPTのアイコンを見つけます。
  9. ダウンロードされたMacGPTのアイコンをドラッグして、Macの「アプリケーション」フォルダに移動します。
  10. MacGPTのインストールはこれで完了です。

これでMacGPTが正常にインストールされ、Mac上で利用する準備が整いました。

起動手順 MacGPT

MacGPTがダウンロードされた後、以下の手順で起動します。

  1. ダウンロードが完了したら、MacGPTのアイコンを見つけてダブルクリックします。
  2. 初めて起動する際に、アップデートを自動的に行うかどうかを尋ねられます。自動アップデートを設定する場合は、「Check Automatically」をクリックします。
  3. 「ChatGPT」へのログイン画面が表示されます。既にアカウントを所有している場合は、「Log In」をクリックしてアカウントとパスワードを入力します。
  4. もしChatGPTのアカウントをまだ所有していない場合は、「Sign Up」をクリックしてアカウントを作成します。
  5. アカウントに登録するためのメールアドレスを入力し、「Continue」をクリックします。その後、パスワードを入力して再び「Continue」をクリックすると、ログインが完了します。

これでMacGPTが正常に起動し、ログインされます。アップデート設定が完了していれば、自動的に最新のバージョンにアップデートされるでしょう。

以上の手順を実行することで、Mac上でMacGPTを起動し、ログインすることができます。

MacでのチャットGPTの使用方法

2種類の表示モードの使い方

MacGPTでは、2つの表示モードを使いこなすことができます。以下にその使い方を説明します。

  1. Webモード:
    • MacGPTを起動し、ログインした後、デフォルトでWebモードが表示されます。
    • 画面下部の「Send a message」にテキストを入力して質問や指示を送信することができます。
    • サイドバーの「New chat」をクリックすると、新しいチャットを開始することもできます。
  2. Nativeモード:
    • MacGPTのメイン画面右上にある「Web」ボタンをクリックすると、Nativeモードに切り替えることができます。
    • しかし、Nativeモードを利用するためには、OpenAIから提供されるAPIキーの入力が必要です。APIキーを持っていない場合は、以下の手順に従って取得してください。
      • 画面下部の「How do I get an API Key?」をクリックします。
      • OpenAIのウェブサイトが開き、ログインした後、「User settings」をクリックします。
      • 「API Keys」のページで「+ Create new secret key」を選択します。
      • APIキーの名前を入力し、「Create secret key」をクリックします。
      • 生成されたキーが表示されたら、「Copy」ボタンをクリックしてキーをコピーし、「Done」をクリックします。
    • MacGPTに戻り、取得したAPIキーを貼り付けて、「Submit」をクリックします。
    • これにより、APIキーが登録され、Nativeモードが利用可能になります。Nativeモードでは、チャットメッセージのような吹き出し形式での受け答えが表示されます。
こちらも参照  ChatGPT 始め方:PCとスマホでのアクセス方法からログインまで

これらの手順を実行することで、WebモードとNativeモードの使い方をマスターし、MacGPTの異なる表示モードを適切に活用することができます。

GPT-4への切り替え手順

MacGPTでは、最新の言語モデルである「GPT-4」をサポートしています。以下にGPT-4への切り替え手順を説明します。

Webモードの場合:

  1. 有料の「ChatGPT Plus」に登録している場合、Webモードのメイン画面内に表示されるプルダウンメニューから、「GPT-4」を選択することができます。
  2. メイン画面内に表示されるプルダウンメニューをクリックし、「GPT-4」を選択します。

Nativeモードの場合:

  1. MacGPTのメイン画面右上にある歯車ボタンをクリックして、設定画面を開きます。
  2. 設定画面で、「Global」タブを選択します。
  3. 「Global API Model」のセクションから、「GPT-4」を選択します。

ただし、NativeモードでGPT-4を利用するには、GPT-4のAPIキーが必要です。APIキーは、OpenAIの開発元サイトの「GPT-4 API waitlist」に登録することで数日後に入手できるようになります。ウェイティングリストに登録し、指示に従ってAPIキーを入手してください。

これらの手順に従うことで、ChatGPT Plusアカウントを持っていればWebモードで直接GPT-4を選択できますし、Nativeモードでは設定画面からGPT-4を選択することができます。ただし、NativeモードでGPT-4を使用するにはAPIキーの入手が必要です。

異なるアクセス方法の紹介

MacGPTを使えば、Webブラウザ上での利用よりも快適にChatGPTを利用できます。さらに、いくつかの便利なアクセス方法もあります。以下にそれらを紹介します。

  1. メニューバーからのアクセス:
    • MacGPTをインストールすると、自動的にメニューバーにMacGPTのアイコンが追加されます。
    • 他のアプリケーションを使用していても、メニューバーをクリックすることでアプリを切り替えることなく、ChatGPTにアクセスできます。
    • メニューバーアイコンをクリックすると、MacGPTのウィンドウが表示され、質問や指示を入力して対話を行うことができます。
  2. グローバルテキストフィールド機能:
    • MacGPTには、「グローバルテキストフィールド」という機能があります。
    • キーボードショートカットを設定することで、Macのデスクトップ中央にChatGPTの質問ウィンドウを表示することができます。
    • 例えば、Shiftキー、Controlキー、Gキーなどの組み合わせをショートカットキーに登録することができます。
    • ショートカットキーを押すと、グローバルテキストフィールドが表示され、そこで質問や指示を入力して回答を受け取ることができます。
  3. 音声入力:
    • MacGPTでは、音声入力も利用することができます。
    • マイクボタンが用意されており、クリックすることで音声入力が可能です。
    • ただし、残念ながら日本語には対応していません。
    • しかし、Macの標準キーボード上にある特殊キー(マイクのアイコンが描かれたキー)を押すことで音声入力ができます。

これらの方法を活用することで、MacGPTへのアクセスがより簡単で便利になります。メニューバーからのアクセスやグローバルテキストフィールド機能を使って、素早くChatGPTを起動し、対話を行うことができます。また、音声入力機能を活用することで、キーボードを使わずに直感的な方法で質問や指示を入力することも可能です。

インライン機能の活用方法

MacGPTを活用する上で重要なテクニックとして、「インライン」機能の活用があります。以下にその使い方を紹介します。

  1. 設定画面の開き方:
    • MacGPTのメイン画面右上にある歯車ボタンをクリックして、設定画面を開きます。
    • 設定画面を開くと、複数のタブが表示されます。
  2. アクセシビリティへのアクセス許可の設定:
    • 設定画面の「Inline」タブをクリックします。
    • 「Grant Accessibility Privileges」をクリックすると、アクセシビリティへのアクセス許可が必要とされます。
    • 「システム設定を開く」をクリックして、「プライバシーとセキュリティ」の「アクセシビリティ」画面に移動します。
    • 「MacGPT」のスイッチをオンにし、変更の許可を求められたらTouch IDまたはパスワードを使用して許可します。
  3. インライン機能の有効化:
    • 「Grant Accessibility Privileges」が緑色になったら、設定画面の「Enable MacGPT Inline」にチェックを入れます。
    • これにより、インライン機能が有効になります。
  4. インライン機能の利用方法:
    • インライン機能を利用するためには、トグルワードの「+gpt」に続いて質問内容を入力します。例えば、「+gpt 質問内容」と入力します。
    • 入力が完了したら、「Shiftキー + Returnキー」を同時に押します。
    • すると、ブレインアイコンが表示され、ChatGPTの回答がインラインでテキストフィールドに入力されます。
こちらも参照  Helpfeel Generative Writer: 自動FAQ生成の新時代へ

これにより、MacGPTのインライン機能を活用して、別のアプリケーションで作業中にChatGPTの回答を素早く取得できます。コピー&ペーストの手間が省けるため、文章作成などで効率的に活用することができます。

以上がMacGPTの重要なテクニックの1つである「インライン」機能の活用方法です。

ChatGPT を組み込んだ 3 つの Mac アプリ

文章の構成や要約、翻訳など、MacGPTの活用に役立つテクニックとして、以下の3つのMacアプリを紹介します。

Jedit Ω plus

  • Jedit Ω plusは、ChatGPTを組み込んだ老舗のテキストエディタです。
  • [ツール]メニューから[ChatGPTを開く]を選択すると、専用のウィンドウが表示されます。
  • ウィンドウにプロンプトを入力することで、ChatGPTからの回答を得ることができます。
  • Jedit Ω plusでは、無料のGPT-3.5と有料プランのChatGPT plusの両方に対応しており、言語モデルを切り替えることができます。
  • ChatGPTを利用するにはAPIキーの登録が必要です。

MenubarX

  • MenubarXは、MacのメニューバーからChatGPTを呼び出せるツールです。
  • [ChatGPT]アイコンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。
  • ログインして認証を済ませると、ChatGPTをメニューバーから利用できます。
  • MenubarXは無料で使えるツールであり、素早くChatGPTを利用できるメリットがあります。

BetterTouchTool (BTT)

  • BetterTouchToolは、マウスやトラックパッドのカスタマイズツールです。
  • BTTを使用すると、Macのメモやテキストエディットアプリ内でChatGPTの回答を展開したり、メニューバーからChatGPTを呼び出したりすることができます。
  • BTTの設定画面で、トリガーとアクションを設定することで、ChatGPTのウィンドウを自由に開けるようになります。
  • メニューバーアイコンをクリックするとChatGPTの画面が表示され、通常の操作方法で利用できます。

Spark +AI

  • 「Spark +AI」は、有名なメールクライアントソフトである「Spark」にChatGPTを利用したAI機能が組み込まれた新しいバージョンです。
  • このダウンロード版の「Spark +AI」では、有料のプレミアム機能が提供されており、メール生成機能などを利用することができます。7日間の無料トライアルも可能です。+AI機能をオンにして、メッセージ作成画面でプロンプトを入力すると、自動的にメールの本文が生成されます。
  • これまでに紹介した3つのMacアプリと同様に、「Spark +AI」もChatGPTを活用して作業効率を向上させることができます。ChatGPTの機能を組み込んだアプリは今後も増えていくことが予想されるため、ますます業務の効率化が進むでしょう。

以上の3つのMacアプリは、ChatGPTをより便利に活用するためのツールです。それぞれの特徴や設定方法を把握して、効果的に活用してみてください。

要するに

MacGPT: MacGPTはMac向けのアプリケーションであり、Webブラウザを開く手間なく、直接アプリ内でチャットGPTを利用できます。起動手順や表示モードの切り替え方法など、MacGPTの基本的な使い方を紹介しました。

GPT-4への対応: MacGPTは最新の言語モデルであるGPT-4にも対応しています。有料のChatGPT Plusに加入することで、GPT-4を利用することができます。APIキーの取得方法や切り替え手順についても説明しました。

他のMacアプリケーションにおけるチャットGPTの活用: Jedit Ω plusやSparkなど、MacアプリケーションにもチャットGPTが組み込まれています。これらのアプリを利用することで、テキストエディタやメールクライアントでの作業を効率化することができます。

関連している

最新の投稿