自動作曲システム『CREEVO』を使って

Published on:

近年、技術の進歩により多くの産業が変革されていますが、音楽産業も例外ではありません。とくに自動作曲システムの登場は、音楽制作の風景を劇的に変えつつあります。その中でも、CREEVOは大きな注目を浴びているツールの一つです。今回は、このCREEVOを実際に使ってみた経験を共有します。

CREEVOとは?

まず、CREEVOについて簡単に紹介します。

  • 自動作曲: 与えられた情報や歌詞を元に、自動的にメロディやアレンジを生成します。
  • AI技術: 進化し続けるAIモデルにより、より質の高い作曲が可能となっています。
  • 京都大学プロジェクト: CREEVOは京都大学での研究プロジェクトの一部として開発されています。
こちらも参照  Stability AIの「Stable Audio」で探るAI音楽生成の世界

使ってみた感想


CREEVOを使用して最初に驚いたのは、その使いやすさと直感性です。インターフェースはクリアで洗練されており、初めてのユーザーでも迷うことなく操作することができました。特に、歌詞を単純に入力するだけで、そのテキストに合わせたメロディが生成される過程は驚きました。これにより、曲のアイデアやテーマに合わせて速やかにメロディを生成し、それを基にさらなるアレンジや編集を行うことができます。

その次に感じたのは、生成された曲の多様性です。同じ歌詞を使用しても、異なるメロディやアレンジが提案されることが多く、これによりさまざまなアイデアや方向性から選択することができました。この多様性は、クリエイティブなプロセスをより豊かにし、新しい音楽的発見へのドアを開いてくれました。

しかし、最も印象的だったのは、自動生成された曲の質の高さです。技術的な側面だけでなく、感情的、芸術的な要素も非常に洗練されており、人間の作曲家が関与しているかのように感じました。歌詞のニュアンスや意味を深く捉え、それに応じたメロディやリズムを提供してくれるのは、CREEVOの強力なAI技術の証拠でしょう。

全体として、CREEVOはただの自動作曲ツールを超えて、真の音楽的パートナーとしての可能性を秘めていると感じました。

手軽さ

CREEVOを使って最初に感じたのはその手軽さです。

  • インターフェース: シンプルで直感的な操作が可能。
  • 歌詞入力: 歌詞を入力するだけで、メロディが生成されます。
  • 自動生成: 何度も再生や修正を繰り返すことなく、一度で満足のいく曲が生成されることが多い。

多様性

また、CREEVOはその多様性にも驚かされました。

  • ジャンル: ポップスからジャズ、クラシックまで、様々なジャンルの曲を生成可能。
  • カスタマイズ: 基本的なメロディの上に、さまざまなアレンジやインストゥルメントの選択が可能。
こちらも参照  SeaArtの魅力と特徴: 概要から詳細までの完全ガイド

質の高さ

多くの自動作曲ツールがありますが、CREEVOの最大の特徴はその質の高さにあります。

  • 自然さ: 人間が作曲したかのような自然なフレーズやメロディ。
  • 感情表現: 歌詞の内容や感情をしっかりと捉え、それに合わせたメロディやアレンジを生成します。

考察: 自動作曲の未来

CREEVOを使ってみて、自動作曲の可能性や未来についての考察も深まりました。

  • クリエイティブな支援: これまでの作曲のノウハウや経験がなくても、誰でも音楽制作を楽しむことができる。
  • プロのツール: プロの音楽制作者にとっても、アイディア出しやデモ制作のツールとして活用可能。

しかし、全てが良いわけではありません。自動作曲の過度な依存は、音楽の多様性や個性を失う恐れもあります。バランスの良い使用が求められるでしょう。

自動作曲技術が進化する中、私たちは音楽制作の新しい時代の幕開けを目撃しています。『CREEVO』のような先進的なツールは、この変化の先端を走っていますが、この技術の将来性は無限大であり、数多くの可能性を持っています。

まず、自動作曲技術の発展は、音楽制作の敷居を大きく下げることが期待されます。これにより、楽譜の読み書きが得意ではない人や、音楽的なバックグラウンドがない人でも、自分の感情やメッセージを音楽として表現することが容易になります。これは、音楽文化の拡大と多様性の増加を促進する可能性があります。

次に、自動作曲技術は、プロの音楽家や作曲家の役割も変革するでしょう。これにより、彼らはテクニカルな部分に囚われず、より深い創造性やアートの側面に集中することができるようになります。また、自動作曲のツールは、新しいアイディアや音楽的な方向性を提案することで、音楽家のインスピレーションの源ともなるでしょう。

さらに、この技術は音楽業界のビジネスモデルや音楽の消費の仕方にも影響を与える可能性があります。例えば、個別のユーザーの嗜好に合わせて即座にオリジナルの曲を作成する、新しい形の音楽ストリーミングサービスが現れるかもしれません。

こちらも参照  Google Bard と Claude.ai の違いは何ですか?

しかし、自動作曲技術の進化とともに、その技術の倫理的な側面や、人間のクリエイティビティとの関係性についての議論も必要となってきます。技術が音楽の心を持つことができるのか、それとも人間の感情や経験に基づく真の音楽の価値は置き換えられないのか、という問いは、これからの音楽界の大きなテーマとなるでしょう。

総じて、自動作曲の未来は明るく、刺激的です。『CREEVO』はその可能性の一端を示してくれており、この分野のさらなる進展が楽しみです。

CREEVOを活用した自動メロディ生成: Cevioとのスムーズな連携方法

  • 「cre 舞踊クリーブ」(CREEVO)は、入力した歌詞からオリジナルなメロディを自動で生成するサービス。ユーザーの評価に基づき、システムは進化していき、高品質な音楽の創作が可能に。
  • このサービスは無料で使用でき、生成された作品はパブリックドメイン(著作権なし)。ただし、ユーザーの入力データや操作は開発元のサーバーに保存され、学術研究目的で使用される可能性がある。
  • サイトは使いやすく、生成した曲はmp3形式でダウンロードできる。さらに、曲の評価を行うことで、他の形式や楽譜、MIDIデータもダウンロードが可能。
  • ユーザーは楽曲のスタイル、楽器、コード進行など、さまざまな要素を細かく設定して作曲することができる。
  • 生成されたメロディーは、他の音楽ソフトウェア(例: ゼビオ)との連携も可能で、さらに複雑な編集や演奏の追加が行える。

ChatGPTとCREEVOを使った作詞・作曲・楽曲音源制作方法

作詞(ChatGPTを利用)

  1. 目的の設定: 作りたい歌詞のジャンルやテーマを考えます。
  2. ChatGPTに指示: ChatGPTに「[ジャンルやテーマ]の歌詞を生成してください」と指示します。
  3. 歌詞の修正・調整: ChatGPTが生成した歌詞を参考にしつつ、自分の感じたい内容や形に調整します。

作曲(CREEVOを利用)

  1. CREEVOの利用開始: CREEVOのウェブサイトやアプリケーションにアクセスします。
  2. メロディの生成: CREEVOのインターフェースを使用して、歌詞に合わせたメロディを作成します。
  3. 編曲の設定: 使用したい楽器や音色を選択し、曲の全体的な雰囲気やテンポを設定します。

音源の制作

  1. ボーカルの追加: あらかじめ録音したボーカルやボーカロイドなどの技術を使用して、CREEVOで作成したメロディに歌詞を乗せます。
  2. ミキシング: 曲全体のバランスを調整し、ボーカルと楽器のバランスを整えます。

フィニッシュ

  1. マスタリング: 専用のマスタリングソフトウェアを使って、音楽の最終的な品質を整えます。
  2. 公開・共有: 作成した音源を適切なプラットフォームにアップロードして公開します。

以上が、ChatGPTとCREEVOを利用して歌詞と楽曲を制作し、曲付きの音源を作成するための基本的な手順です。

まとめ

自動作曲システム『CREEVO』は、音楽制作の新しい風を感じさせるツールです。その手軽さや質の高さ、多様性は、多くの人々に音楽制作の楽しさを提供してくれるでしょう。しかし、その一方で、音楽の本質や個性を保ちながらの使用が重要となるでしょう。

関連している

最新の投稿