動物絵日記を作れるLINEアプリ「AIどうぶつ日記」

Published on:

動物好きにはたまらない、新感覚のエンターテイメントアプリがLINE上で登場しました。その名も「AIどうぶつ日記」。この記事では、この魅力的なアプリの特徴や使い方について詳しく紹介します。

AIどうぶつ日記とは?

  • 生成AI技術を活用: 「ChatGPT」や「Stable Diffusion」といった先進的な生成AI技術を駆使して、ユーザーが入力した日記テキストに基づいて動物を主人公とした絵日記を生成します。
  • インストール不要: LINE内アプリとして提供されているため、別途アプリをダウンロードする必要がありません。LINEを利用している方なら誰でも手軽に楽しむことができます。
こちらも参照  Google検索の生成AI機能(SGE)について

「AIどうぶつ日記」とは、ユーザーが入力した日常の出来事や感じたことをもとに、動物を主人公とした絵日記を自動生成するLINE内アプリです。このアプリは「ChatGPT」や「Stable Diffusion」といった先進的な生成AI技術を活用しており、ユーザーのテキストに合わせて、個性的で楽しい動物のキャラクターが登場する絵日記を短時間で作成します。例えば、「今日は公園でピクニックをした」というテキストを入力すると、ピクニックを楽しむ動物たちの絵日記が生成される仕組みです。さらに、このアプリには日記帳機能も搭載されており、生成された絵日記を保存して後で振り返ることも可能です。シンプルな操作で誰でも簡単に利用できるため、日常の小さな出来事を楽しく記録したい方におすすめのアプリとなっています。

使い方

「AIどうぶつ日記」の使い方は非常にシンプルで直感的です。まず、LINE上で「AIどうぶつ日記」の公式アカウントを友だち追加します。友だち追加が完了したら、アプリのメイン画面に移動し、「日記を書く」というオプションを選択します。次に、その日の出来事や感じたことをテキストとして入力します。テキストを入力したら、「絵日記を描く」ボタンを押すことで、入力した内容に基づいて動物を主人公とした絵日記が自動で生成されます。生成された絵日記は気に入った場合、「日記帳に登録」ボタンを押すことで保存することができます。保存した絵日記は後から日記帳の中のカレンダー機能を使って日付ごとに閲覧することが可能です。このように、数ステップの簡単な操作で日常の出来事を動物の絵日記として残すことができるのが「AIどうぶつ日記」の魅力です。

絵日記の作成

  1. LINE公式アカウントと友だちになる: 「AIどうぶつ日記」の公式アカウントを友だち追加します。
  2. 日記を書く: アプリのメニューから「日記を書く」を選択し、日記テキストを入力します。
  3. 絵日記を生成: 「絵日記を描く」ボタンを押すと、動物を主人公とした絵日記が短時間で生成されます。

日記帳機能

  • 日記の保存: 生成された絵日記は「日記帳に登録」ボタンを押すことで保存できます。
  • カレンダー機能: 日記帳内のカレンダーから特定の日付を選択することで、その日の絵日記を閲覧することができます。
こちらも参照  AIとCanvaを活用したキンドル絵本の作成と出版手順

利用制限と料金

  • 無料での利用: 現在、このアプリは無料で提供されており、1日に10回まで絵日記を作成することができます。
  • 10回を超えても大丈夫: 1日の利用回数が10回を超えた場合でも、翌日には再び10回分が利用可能となります。

「AIどうぶつ日記」の利用制限と料金について詳しく説明します。現在、このアプリは完全に無料で提供されていますが、一定の利用制限が設けられています。具体的には、ユーザーは1日に最大10回まで絵日記を生成することができます。もし1日の制限回数を超えてしまった場合でも、心配は不要です。翌日になると再び10回の利用枠がリセットされるため、毎日継続して絵日記を楽しむことができます。このような利用制限は、サーバーの過負荷を防ぐためや、全てのユーザーに平等にサービスを提供するための措置となっています。それにも関わらず、十分な回数で日常の出来事を絵日記として残すことが可能です。無料でこのようなユニークなサービスを利用できるのは、非常に魅力的なポイントと言えるでしょう。

続きを読む

まとめ

「AIどうぶつ日記」は、動物を主人公とした新しい絵日記体験を提供するエンターテイメントアプリです。LINEを利用している方なら、簡単に楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてください。

関連している

最新の投稿