Adobe、「Premiere Pro」のAI編集機能を強化

Published on:

Adobeは、常にクリエイターコミュニティに向けて革新的なツールを提供し、映像制作分野においてもその伝統を継続しています。その中でも、「Adobe Premiere Pro」はプロフェッショナルな動画編集ソフトウェアとして高く評価されており、最新のAI編集機能の強化により、さらに優れたツールとなりました。この記事では、Adobe Premiere ProのAI編集機能の強化について詳しく探究していきます。

近年、動画コンテンツは爆発的に増加し、YouTube、TikTok、Instagramなどの動画共有プラットフォームが急成長しています。この急速な変化により、動画編集の需要が増加し、多くのユーザーが動画制作に興味を持つようになりました。特に、自身のYouTubeチャンネルを運営したり、SNSでクリエイティブなコンテンツを共有したりする人々が増えており、動画編集スキルはますます重要なものとなっています。

また、副業やリスキリングの一環として動画編集を学ぶ人々も増えています。このようなトレンドを受けて、Adobeは「Premiere Pro」をより使いやすく、高速で効率的な動画編集を実現するために、AI技術を活用しています。

会話中のノイズ除去機能

あー」「え-」自動検出して一斉削除 「Adobe Premiere Pro」などビデオ製品のアップデートを発表 - 記事詳細|Infoseekニュース

Adobe Premiere ProのAI編集機能の一つは、会話中のノイズ除去機能です。これは、特にインタビューや対話形式のコンテンツを制作する際に役立つ機能で、以下の特徴があります。

こちらも参照  動物絵日記を作れるLINEアプリ「AIどうぶつ日記」

AIによる声の検出

この機能では、AIが動画内の人物の声を検出します。これにより、背景のノイズと対話音声を区別し、個別に処理できるようになります。例えば、カメラ内蔵のマイクやスマートフォンの本体マイクで収録した際のノイズを効果的に除去できます。

ワンクリックでの除去

Adobe Premiere Proは、ワンクリックでノイズを除去するオプションを提供します。これにより、高品質なインタビュー動画や対話コンテンツを簡単に作成できます。ユーザーは、複雑なオーディオ編集の知識がなくても、プロフェッショナルな結果を得ることができます。

古い動画もサポート

この機能は、最近収録した動画だけでなく、数十年前の動画などもサポートします。これにより、古い動画を新たに編集する際にも、AIベースのノイズ除去を利用できます。これは、アーカイブ映像を再利用し、新しいコンテンツを生み出す際に非常に役立ちます。

文字起こしベースの編集機能

Premiere Pro での文字起こしベースの編集 | よくある質問

Adobe Premiere ProのAI編集機能のもう一つの注目ポイントは、文字起こしベースの編集機能です。これは、動画中の会話を文字起こしし、それを編集に活用する機能です。以下にその詳細を示します。

フィラーワードの検出

2023年5月にリリースされたアップデートでは、AIがフィラーワードや発話の間に入る「あの」や「えーと」といった言葉を検出できるようになりました。これらのフィラーワードは、通常、コンテンツの流れを滑らかにするために削除されます。Adobe Premiere Proは、検出した箇所をワンクリックで削除するオプションを提供し、タイムラインを遡る手間を省きます。

こちらも参照  ChatGPT で生成されたコンテンツを検出するための 15 のベスト AI 盗作チェッカー

無音部分の検出

さらに、この機能は息継ぎなどの発話がない短い無音部分も検出します。ユーザーは、どれだけの秒数が無音であるかを調整し、必要な部分だけを削除できます。これにより、違和感のない滑らかな動画を簡単に作成できます。

その他の強化機能

あー」「え-」自動検出して一斉削除 「Adobe Premiere Pro」などビデオ製品のアップデートを発表(アスキー) - Yahoo!ニュース

AI編集機能以外にも、Adobe Premiere Proはさまざまな面で強化されています。以下はその一部です。

カラー処理の最適化

Premiere Proでは、カラーグレーディングとカラーコレクションを改善するためのAI技術を導入し、映像の品質向上に貢献しています。これにより、色調の調整やエフェクトの追加がより効果的に行えます。

タイムラインの高速化

動画編集のプロセスを迅速化するために、Premiere Proはタイムラインの高速化を実現しています。これにより、クリエイターは素材の配置や編集をより効率的に行えます。

クラッシュ時の自動復元機能

プロジェクトがクラッシュした場合でも、心配はありません。Premiere Proは、自動的に最後の保存時点からプロジェクトを復元する機能を提供し、データの損失を防ぎます。

こちらも参照  ChatGPTの類似モデル: 対話型AIチャットの徹底比較

After Effectsの新機能

After Effects の真の 3D ワークスペース

AI編集技術は、Adobeの他の製品にも波及しています。例えば、After Effectsでは以下の新機能が追加されています。

3Dモデルの読み込み

After Effectsには、3Dモデルを読み込むための「True 3D ワークスペース」が登場しました。これにより、3Dモデルにアニメーションやライティング、シェーディングを適用した動画を制作できます。

Substance 3Dアセット

Adobe Creative Cloudライブラリーには、無料のSubstance 3Dアセットが用意されており、クリエイターはこれを利用して豊富なテクスチャやエフェクトを動画に組み込むことができます。

AI搭載ロトスコープ機能

After Effectsでは、AI搭載のロトスコープ機能も強化されています。これにより、複雑な動きをする被写体(例:ダンスを踊る人)の輪郭や細かい部分を正確に切り抜くことが可能です。これは、クリエイターにとって大きな作業効率向上をもたらします。

まとめ

Adobe Premiere ProのAI編集機能の強化により、動画編集のプロセスは劇的に向上しました。ノイズの除去やフィラーワードの検出、文字起こしによる編集など、クリエイターが素材をより効果的に編集できる手法が提供されています。また、After EffectsにおけるAI技術の導入も、映像制作の幅を広げています。

今後もAdobeは、クリエイターのニーズに合った新機能の提供に注力し、動画制作の未来を明るく照らし続けることでしょう。動画編集の分野において、Adobeのツールはますます欠かせない存在となっています。

関連している

最新の投稿