Google生成AI「Bard」が大幅アプデ

Published on:

Google(グーグル)は、AI(人工知能)技術の進化により、様々なサービスと連携するGoogle生成AI「Bard」の大幅なアップデートを発表しました。このアップデートは、Googleのエコシステムをより便利に、そしてプライバシーを守りながら活用できるようにするものです。本記事では、新しいBardの機能や変更点について詳しく説明し、その可能性に迫ります。

Bard Extentionsの導入

Googleは、2023年のGoogle I/O 2023で、Bard Extentionsの導入を発表しました。これにより、Bardは以前よりも多くのGoogleアプリやサービスと連携できるようになりました。この拡張機能は、ユーザーにとって大きな利便性をもたらします。

こちらも参照  GPT-5: 次世代の人工知能の未来

対応アプリ一覧

Bard Extentionsによって、以下のGoogleアプリとサービスと連携が可能になりました。

  • Gmail(ジーメール)
  • ドライブ(Googleドライブ)
  • ドキュメント(Googleドキュメント)
  • YouTube(YouTube)
  • マップ(Googleマップ)
  • Googleフライト

これにより、ユーザーはこれらのアプリ内でBardを活用し、情報を迅速に検索したり、特定の情報を取得したりできるようになります。特に、Google Workspaceアプリを使用している場合、メールやドキュメントなど複数のアプリにまたがって検索できるため、作業効率が向上します。

プライバシー保護

一方で、個人情報の保護もGoogleの重要なポリシーの一つです。Bard Extentionsを使用する際には、プライバシー設定を自分でコントロールできます。Googleは、Workspaceでの機能使用時においても、Gmailやドキュメント、ドライブのコンテンツが人間のレビュー担当者に表示されないように注意を払っています。また、Bardは広告表示やモデルのトレーニングに個人情報を使用することはありません。ユーザーはいつでもプライバシー設定を調整し、必要に応じて機能を無効にすることができます。

BardのAI生成回答の強化

Bardのアップデートには、AI生成回答の強化も含まれています。これにより、ユーザーはより質の高い回答を期待できます。

こちらも参照  AI によってなくなる仕事: 将来なくなる職業ランキングとAIが生み出す新たな仕事

Google検索との連携

Bardの新機能の一つとして、Google検索との連携があります。これにより、Bardが提供するAI生成回答を再確認することが可能です。回答内でハイライト表示された箇所をクリックすることで、その詳細を確認できるようになり、情報の信頼性を高めることができます。

ユーザー共有機能

Bardは、他のユーザーとのコラボレーションを促進する新機能を導入しました。ユーザーはBardの公開リンク共有機能を使用して、共有した会話をそのまま続けたり、質問を追加したりすることができます。これにより、情報共有と協力がスムーズに行えます。

Googleレンズとの連携

Screenshot: 酒井麻里子 via Bard

Bardのアップデートには、Googleレンズとの連携も含まれています。これにより、画像を活用した情報検索が可能になります。ユーザーは画像をアップロードし、画像検索を使って回答を得ることができます。さらに、回答の書き換えもサポートされており、情報のカスタマイズが容易に行えます。この機能は、すべての対応言語で利用可能です。

こちらも読んでください: 吟遊詩人の応答を再確認するためのGoogle It V2の活用方法

まとめ

Google生成AI「Bard」の大幅なアップデートは、Googleのエコシステムをより便利にし、プライバシーを守りながら情報アクセスを向上させるものです。Bard Extentionsの導入により、多くのGoogleアプリとの連携が可能になり、ユーザーは効率的な作業と情報検索が行えます。プライバシー保護も強化され、ユーザーが自分の情報をコントロールできる環境が提供されています。AI生成回答の強化やGoogleレンズとの連携も、Bardの使い勝手を向上させています。

これらの新機能を通じて、Google生成AI「Bard」はより多くのユーザーにとって信頼性の高い情報アクセスツールとなり、今後のデジタルエクスペリエンスに貢献することでしょう。詳細情報は公式ブログやGoogle Japan Blogでご確認いただけます。Bardが高性能なモデルにアップデートされ、新しい可能性を切り拓いていくことが期待されます。

関連している

最新の投稿