Worldcoinの1カ月後:仮想通貨WLDの価値が44%ダウン

Published on:

Worldcoin(ワールドコイン)は、人類の新たなIDとヒトであることを条件に恩恵を得られる経済ネットワークの構築を目指すプロジェクトです。OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が関与しており、その革新的なアプローチが注目を浴びています。しかし、リリースから1カ月が経過し、仮想通貨WLDの価値は大きく下落しています。この記事では、Worldcoinの背景、状況、価値の変動、そして課題について詳しく見ていきます。

Worldcoinの背景

Worldcoinは、個人のIDと結びつけられた仮想通貨を通じて、経済的な恩恵を提供するという壮大な目標を掲げています。このプロジェクトは、AI技術を駆使して個人を特定し、その個人に仮想通貨を配布する仕組みを構築しています。その中心には、瞳の虹彩スキャンを用いたID認証があります。

こちらも参照  Google、AIライフコーチを試験導入 21種類のタスクとアドバイスを提供

サム・アルトマン氏の関与

Worldcoinプロジェクトの背後には、OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏がいます。彼はAI技術の先駆者として知られており、その名前が付いたプロジェクトは多くの注目を集めることが一般的です。Worldcoinもその一つであり、彼の影響力がプロジェクトの信頼性と期待を高めています。

仮想通貨WLDの価値変動

1カ月前のリリースから、Worldcoinの仮想通貨であるWLDの価値は急速に変動しています。その変動を見てみましょう。

リリース後の注目

プロジェクトが発表された際、瞳の虹彩スキャンを通じて得られる仮想通貨WLDへの注目が高まりました。多くの人々がプロジェクトの将来性に期待し、早期参加者には配布されるWLDが注目を浴びました。

価値の急落

しかし、リリース後わずか1カ月で、WLDの価値は驚くほどに下落しました。過去30日間で44%もの価値が減少したことは、多くの投資家や参加者にとってショッキングな結果となりました。価値の急落は、プロジェクトが予想ほどの支持を受けていないことを示唆しています。

アーリーアダプターへの影響

プロジェクトへの初期登録者であっても、瞳の虹彩スキャンを通じて受け取ることができる25WLDの価値は、リリース当初の60ドル相当から30ドル未満に半減しました。このため、アーリーアダプターでさえも、投資した価値の半分以下しか手に入れることができなくなりました。

課題と今後の展望

Worldcoinプロジェクトは革新的なアイデアを持っていますが、いくつかの課題と問題が浮き彫りになっています。

生体情報取得への懸念

Worldcoinの核心は、瞳の虹彩スキャンを通じて個人を特定することです。しかし、生体情報を用いるこのアプローチにはプライバシーやセキュリティ上の懸念が存在します。特に、一部の国や地域では生体情報の収集が慎重に検討される必要があります。

仮想通貨規制の課題

また、仮想通貨に関する法的な規制もプロジェクトの成功に影響を与えています。アメリカを含むいくつかの国では、Worldcoinのサービス開始すら許可されていない現状です。これにより、プロジェクトの展開が制約されていると言えます。

こちらも参照  OpenAI は AI モデルの安全性を強化するために Red Teaming Network を導入し、適用できるようになります

ユーザーの不安

さらに、虹彩スキャンに対するユーザーの不安も課題です。虹彩スキャン技術の導入には、プライバシーや個人情報の保護に関する不安がつきものです。これにより、プロジェクトへの参加者数が制限される可能性があります。

まとめ

Worldcoinは、個人のIDと結びつけられた仮想通貨を通じて経済的な恩恵を提供するという大胆なプロジェクトです。しかし、リリースから1カ月が経過し、仮想通貨WLDの価値は急落しています。プライバシー、規制、ユーザーの不安といった課題を乗り越えて、プロジェクトの将来がどのように展開されるのか注目です。

関連している

最新の投稿