Google BardとChatGPTの違い:AIチャットボットの新たな進化

Published on:

AI生成コンテンツが注目を集め、ChatGPTがそのスポットライトを浴びました。そして、Googleもまた、AI技術の戦いに応える形で自社のAIチャットボット「Bard」を発表しました。本記事では、Google BardとChatGPTの主な違いについて探っていきます。

ChatGPTについて

ChatGPTは、AIを搭載したチャットボットであり、機械学習を用いて対話形式でのクエリに回答します。ChatGPTは2022年11月30日にOpenAIからリリースされました。OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏によれば、ChatGPTはリリース後5日で100万人のユーザーに達したとのことです。

こちらも参照  ChatGPTで時間を遡って過去を検索できるAI「Rewind」

GPTは、Generative Pre-trained Transformerの略であり、データシーケンス内のパターンを見つけることができます。ChatGPTは現在、インターネット上の人間によって作成されたテキストから学習したGPT-3.5言語モデルを使用しています。有料版であるChatGPT Plusでは、GPT-4モデルが利用されています。ChatGPTはAI言語モデルを使用して、ユーザーのクエリに対する応答を生成します。

ChatGPTで生成される人気のあるAI生成コンテンツには、以下のものがあります:

  • コードの記述
  • 製品の説明
  • ブログ投稿
  • メールの下書き
  • 会議やポッドキャストの要約
  • 複雑なトピックの簡単な説明
  • 法律の要約
  • 翻訳
  • ジョークやミーム
  • ソーシャルメディアの投稿
こちらも参照  ChatGPT プロンプト テンプレートの AIPRM 代替案 10 選

教師や教授たちは、ChatGPTが説得力のあるエッセイを生成することに懸念を抱き、学生の不正行為をどのように防ぐかという問題を提起しました。これに対し、OpenAIは2023年1月に新たなAIテキスト分類器を発表しました。

Bardについて

Google BardもAIを搭載したチャットボットであり、自然言語処理と機械学習を使用して人間の会話をシミュレートします。Bardは元々LaMDAを使用していましたが、後にGoogleの次世代言語モデルであるPaLM 2(Pathways Language Model)にアップグレードされました。Googleによれば、このモデルは従来のモデルと比較して、常識的な推論、論理的思考、数学的な処理に優れており、さらに高速です。Bardは、通常のGoogle検索とは異なり、簡潔な回答を提供することを目的としていますが、ユーザーがさらなる情報を収集するためのリンクも提供します。Bardはパーソナルアシスタントとしても機能し、バケーションの予約、既存の予約の検索、食事の計画などのタスクをサポートします。Bardは、キーワードではなく会話や自然な言語のクエリに対応しており、180カ国で3つの言語で利用できます。

Google BardとChatGPTの主な違い

ChatGPTとBardのサービスは似ており、ユーザーはクエリを入力して人間のような回答を受け取ります。しかし、両者には主な違いがあります。

まず、データソースが異なります。Bardはインターネットから情報を取得するため、常に最新の情報を利用できます。一方、ChatGPTの情報源は2021年までのデータに限られています。そのため、新しい研究や情報には制約があります。

また、使用される言語モデルも異なります。BardはGoogleの最新の言語モデルであるPaLM 2を使用しています。一方、ChatGPTはGPT-3.5を使用しており、有料版のChatGPT PlusではGPT-4の技術が利用されています。

さらに、生成されるコンテンツの形式にも違いがあります。Bardはより多くの情報を提供する傾向がありますが、ChatGPTは単一のテキストプロンプトでコンテンツを生成します。

どちらが優れているか?

現時点では、どちらのチャットボットが優れているかを判断するのは難しいです。ChatGPTはテキストの生成と要約において効果的ですが、Bardはより関連性の高い情報を提供する点で優れています。これらのチャットボットはまだ訓練中であり、ユーザーからのフィードバックに基づいて改善が進められています。そのため、今後の変化が期待されます。

こちらも参照  チャットGPTのログイン方法はどうすればいいですか?

Bardの利点と限界

  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 研究に適している
  • 最新の情報を調査できる
  • ウェブページを要約できる

Bardの欠点

  • 以前のリクエストを追跡できない
  • AIの幻覚による情報のでっち上げのリスクがある
  • プラグインや統合機能がBardには少ない
  • インターネット上の情報源が常に信頼性があるわけではない

ChatGPTの利点と限界

  • 文章作成に優れている
  • 以前の会話を保存できる
  • 他の人と応答を共有できる
  • Expedia、Instacart、Zapierなどの人気のあるサイトやアプリとのプラグインや統合が可能

ChatGPTの欠点

  • 要約のために記事をコピー&ペーストする必要がある
  • 応答が長くなるため、スキャンが困難
  • 幻覚や誤った情報を防ぐために事実確認が必要
  • より高度なバージョンは無料では利用できない

AI生成コンテンツの代替手段

他にもAIコンテンツ生成ツールが存在します。ChatSonic、Jasper、Open Assistant、Wordtuneなどのスタートアップもそれぞれ独自のプロジェクトに取り組んでいます。また、中国の検索エンジンであるBaiduもErnie Botというアプリを使用してAIを活用しています。

AIのマーケティングへの応用の将来展望

AIのマーケティングにおける将来展望は、コンテンツ生成以外のさまざまな応用を見つけることで急速に変化し適応しています。顧客サービス、メールの最適化、製品の推奨、ソーシャルメディアの投稿など、AIはさまざまな領域で活用される可能性があります。

結論

Google BardとChatGPTは、AIチャットボットの分野で競い合っていますが、それぞれ異なる特徴を持っています。Bardは最新の情報をインターネットから取得することができる一方、ChatGPTはより長いテキストプロンプトを生成します。どちらが優れているかはまだ判断が難しい段階ですが、ユーザーのフィードバックに基づいて訓練が進められており、今後の進化に期待が持てます。AI生成コンテンツの分野では、さらなる進化が予測され、マーケティングやカスタマーサービスなどさまざまな応用が期待されています。

関連している

最新の投稿