Bing ChatがついにGoogle Chromeで利用可能に!

Published on:

Microsoftが待望の発表を行いました。Bing ChatがついにGoogle Chromeユーザー向けに利用可能となりました。これにより、多くのデスクトップユーザーが新たなコミュニケーション手段を手に入れることとなります。以下では、この重要な発表に関する詳細をご紹介いたします。

キーポイント

以下は、この発表に関する主なポイントです。

  1. Google ChromeでのBing Chatサポート開始
    • これまでBing Chatは、MicrosoftのEdgeウェブブラウザとSwiftKeyアプリとの統合を通じて提供されてきましたが、この度Google Chromeでも正式にサポートが開始されました。
    • Windows、Mac、LinuxのGoogle Chromeユーザーが利用可能となり、モバイルやデスクトップの他のブラウザへの対応も近日中に拡大予定です。
  2. Bing Chat Enterpriseのセキュリティ強化
    • Bing Chat Enterpriseは、セキュリティが強化された状態でEdgeモバイルユーザーに展開されました。ユーザーは職場アカウントを通じて簡単にアクセスできるため、安全かつ効率的なコミュニケーションが可能です。
  3. SwiftKeyユーザー向けの利便性向上
    • SwiftKeyユーザーは、Microsoftアカウントを必要とせずにBing Chatと会話できるようになりました。さらに、1日につき30回のターンが提供されるため、シームレスなコミュニケーションを楽しむことができます。
  4. Bing検索テンプレートの改善
    • Microsoftは、Bing検索テンプレートをAI技術を活用して改善しました。これにより、効率的なスペース活用とコンテンツの重複削減が実現され、ユーザーエクスペリエンスが向上します。
こちらも参照  Google検索の生成AI機能(SGE)について

Bing Chatの進化

Bing Chatは、数ヶ月前にリリースされて以来、さまざまな市場セグメントから注目を集めています。特に最新のチャットボットの人気は高く、Microsoftは定期的に新機能を追加しています。これにより、テキストを通じて画像を生成する機能などが提供され、ユーザー体験が向上しています。

しかしながら、今までBing ChatはMicrosoftのEdgeウェブブラウザとSwiftKey統合を通じてのみ公式にサポートされてきました。Vivaldiはユーザーエージェント文字列を偽装してEdgeとして振る舞い、Bing Chatを利用していましたが、公式サポートはEdgeを含めてこれまで存在しませんでした。

Google Chromeへの対応拡大

Neowinによると、Microsoftは静かにブログ投稿を行い、Google ChromeがBing Chatをサポートすることを発表しました。この情報は先月にティーザーとして示唆され、一部のユーザーを対象にテストも行われました。その結果、テストが成功し、Windows、Mac、LinuxのGoogle Chromeユーザー全般にBing Chatが提供されることが決定しました。

なお、モバイルプラットフォームに関してはまだ対応していませんが、Microsoftはモバイルとデスクトップの他のブラウザへの対応も「近日中に」行われる予定と述べています。Microsoftの最近のテストにはSafariユーザーも含まれており、次にAppleのブラウザが対応される可能性も考えられます。

こちらも参照  ELYZAが「Llama 2」ベースの商用利用可能な日本語LLMを公開

まとめ

Bing ChatのGoogle Chromeへの正式な対応は、多くのユーザーにとってウェブブラウジング体験を向上させる重要な一歩です。Google Chromeユーザーは今後、便利でセキュアなコミュニケーション手段を手に入れることができるでしょう。さらに、Bing検索テンプレートの改善により、効率的な情報検索が可能となります。

これからもMicrosoftはBing Chatや関連サービスの進化を続けることでしょう。新機能や対応拡大に注目して、今後のアップデートに期待しましょう。

関連している

最新の投稿