Chat GPTで書かれた記事をAI探索ツールがAIと見抜けなくするには?

Published on:

最近のAI技術の進化は目を見張るものがあり、特にテキスト生成技術の中心となる「Chat GPT」は、その高度な能力で注目を浴びています。しかし、こうしたAIが生成した記事が、実際に人間が書いたものとどれほど区別できるのでしょうか。そして、AIが書いたという事実を隠すことは可能なのでしょうか。本ブログでは、「Chat GPTで書かれた記事をAI探索ツールがAIと見抜けなくする方法」について深く探ることとします。AIの技術者、ライター、あるいは一般の方々にも役立つ内容となっておりますので、是非最後までお付き合いください。

AI探索ツールについて

ChatGPTとは、OpenAIが開発したGPT-3を基にした会話型AIモデルのことを指します。多くのウェブサイト、アプリ、小説などで使用されており、その高度な文章生成能力から、偽のコンテンツを生成するツールとしても悪用される恐れがあるため、それを検出するツールが必要とされています。この記事では、ChatGPTを検出するためのツールについて5つ紹介します。

こちらも参照  ChatGPT をソーシャルメディア投稿に使用する方法

GPT-ZERO

  • 概要: GPT-ZEROは、ChatGPTによって生成された文章を検出するためのツールです。Edward TianというPrincetonの学生が設計しました。
  • 特徴:
    • ウェブベースのアプリケーション。
    • テキストやPDF、DOCX、TXTファイルの読み込みが可能。
    • “GET RESULTS”ボタンをクリックするだけで、概要、Perplexityスコア、Burstinessスコアを表示。

OpenAI GPT2 Output Detector

  • 概要: OpenAIが開発したこのツールは、ChatGPT、GPT3、GPT2によって生成されたテキストを検出するためのものです。
  • 特徴:
    • HuggingFaceでホストされている。
    • Transformersを基にしたGPT-2出力検出モデルを使用。
    • テキストのコピペでReal/Fakeのパーセンテージを自動表示。

Hello-SimpleAI ChatGPT Detector

  • 概要: ChatGPTで生成されたテキストを検出するための3つのバージョンを持つツール。
  • 特徴:
    • QA version: ChatGPTによる生成をチェックするために、質問と回答の両方が必要。
    • Sinlge-text version: 長いテキストを用いてChatGPTによる生成を検出。
    • Linguistic version: 言語的特徴に基づいてChatGPTを検出。
こちらも参照  ChatGPTを使った仮想通貨取引の方法 - メリットとデメリット

Contentatscale AI Content Detector

  • 概要: 高速でシンプル、かつ正確にAIによるコンテンツの質を評価するツール。
  • 特徴:
    • テキストをペーストするだけで、人間のコンテンツスコアを受け取ることができる。
    • 精度の高い結果を得るためには、テキストの小さな部分(150-200語)をペーストすることが推奨される。

Writers AI Content Detector

  • 概要: このツールは、ページのURLまたはテキストを使用して、“人間が生成したコンテンツ”のスコアを計算するものです。
  • 特徴:
    • 1500文字の制限があり、スコアを生成するためにはテキストの小さな部分をペーストする必要がある。
こちらも参照  GPT-4Vの特徴とできることを分かりやすく解説

人間らしさの要素

人の文章や行動が持つ特徴やニュアンスを「人間らしさ」と言います。特に文章の場面で、AIが生成した内容と人間が書いた内容の違いを指摘する際にこの要点が重要となります。以下は「人間らしさ」を構成する主な要素です。

1. 感情や経験の反映: 人間は自らの感情や過去の経験をもとに文章を書きます。喜び、悲しみ、驚きなどの感情や、過去の経験が文章に織り込まれることが多いです。

2. バリエーションの豊富さ: 人間の文章には多様性があります。同じテーマでも、異なる角度や視点から考えることができ、それぞれの人が持つ独自の文体や言い回しも存在します。

3. 曖昧さや二重性: 完全に論理的で明確な文章よりも、時には曖昧な表現や多義的な言葉を使用することが人間らしい特徴です。これは、人間が完璧でなく、感情や背景知識に基づいて言葉を選ぶためです。

4. 誤りや非効率性: AIは最も効率的な結果を追求することが多いのに対し、人間は間違いを犯すこともあります。また、回りくどい表現を選ぶこともある。これらの非効率性や誤りも人間らしさの一部と言えます。

5. 文化や背景の反映: 人間は、自らが育った文化や背景をもとに思考や意見を形成します。この文化的・社会的背景が文章に反映されることも、人間らしさの重要な要素となります。

Chat GPTに指示を出す方法

Chat GPTは、ユーザーからのプロンプト(指示や質問)を基にテキストを生成するAIです。その反応は与えられたプロンプトの内容や形式に大きく依存します。記事が人間らしいものとして認識されるようにするために、以下の指示方法を考慮すると良いでしょう。

1. 明確な指示: 何を求めているのか、具体的に要求することで、望む内容の近い文章を得られる可能性が高まります。例:「1980年代の日本の経済について説明してください」。

2. パワープレキシーとバーストネスの要求: 文章の「パワープレキシー」(複雑さ)と「バーストネス」(バリエーション)を意識するよう指示します。これにより、文章が均一でなく、人間らしい特徴を持つようになります。

3. 感情や視点の追加: 「感情を込めて」「初心者向けに」といった指示を追加することで、特定の視点や感情を持った文章を生成させることができます。

4. 文化や背景の指定: 特定の文化や背景を持った人物の視点で文章を書かせたい場合、その情報をプロンプトに追加します。例:「フランスの学生の視点で日本の文化を説明してください」。

5. 修正や再試行: 一度生成された文章が望みの内容でない場合、指示を少し変更して再度試すことで、より良い結果を得ることができます。

結果の検証

作成された記事をAI探索ツールにかけ、どれほど人間らしいかの結果を確認します。記事が97%人間のものであると判定された場合などがあるとのことです。

注意点

さまざまなAI探索ツールが存在するため、使用するツールによっては、AIと判定される可能性もあることを理解することが重要です。そのため、記事の修正や手直しを行うことで、より高い精度で人間らしい文章を作成することが求められます。

この方法を用いることで、Chat GPTによる記事がAIとして検出されにくくすることができるというのが主旨です。

まとめ

AI技術、特にテキスト生成の分野での進化は著しいものとなっており、Chat GPTはその代表例です。しかし、AIによる記事生成と人間の書く記事の識別は、多くの場合、AI探索ツールを用いて行われます。今回のブログでは、Chat GPTを用いて生成された記事を、このような探索ツールがAIとして認識しづらくする方法に焦点を当てて解説しました。技術の進化とともに、その適切な利用方法や対応策の知識が求められる時代となっています。AIの進化は止まらず、我々もその変化に柔軟に対応していく必要があります。

関連している

最新の投稿