OpenAI Playground で GPT-3 を使用する方法

Published on:

OpenAI Playgroundは、GPT-3を利用して自然言語処理を行うための強力なツールです。この記事では、OpenAI Playgroundを使用してGPT-3を活用する方法について詳しく説明します。GPT-3は、人間のような文章生成を行うことができるモデルで、ソフトウェア開発者でなくても利用できます。以下では、OpenAI Playgroundを使いこなすためのステップバイステップのガイドを提供します。

OpenAI Playgroundとは?

OpenAI Playgroundの使い方を徹底解説!【ChatGPTとの違いとは!?】

OpenAI Playgroundは、OpenAIの人工知能モデルを探索し、実験するためのプラットフォームです。GPT-3を含むさまざまな人工知能モデルを利用でき、テキスト生成から画像生成まで幅広いタスクに活用できます。OpenAI Playgroundは、プログラマー向けのウェブサイトに見えるかもしれませんが、コーディングの知識がなくても利用可能です。

OpenAI Playgroundを使いこなす

OpenAI API(GPT-3) 入門 (1) - 事始め|npaka

OpenAI Playgroundを使いこなすために、以下のステップを詳しく説明します。

アカウントの作成

OpenAI Playgroundを利用するには、まずOpenAIのアカウントを作成する必要があります。以下はアカウントの作成手順です。

  1. OpenAI Platformのウェブサイトにアクセスし、”Get Started”をクリックします。
  2. アカウント情報を入力します。メールアドレスと有効な携帯電話番号を入力し、OpenAIの利用目的に関する簡単な質問に答えます。
  3. これでアカウントが作成されたら、画面上部のナビゲーションメニューから”Playground”をクリックします。これにより、Chatモードのページに移動します。
こちらも参照  「AIチャットくん」を使ってLINE上で体験!ChatGPTの使い方完全ガイド

プロンプトの入力

GPT-3を使用するには、プロンプトを入力する必要があります。プロンプトは質問、指示、未完成の文などを含めることができます。以下はプロンプトの入力手順です。

  1. モードのドロップダウンメニューから”Complete”を選択します。
  2. 大きな空白のテキストボックスにプロンプトを入力し、”Submit”をクリックします。
  3. システムがリクエストを処理するのを待ちます。しばらくすると、システムから回答が生成されます。

さまざまなアイデアとプロンプトの実験

GPT-3は文章生成だけでなく、情報の要約、テキスト翻訳などさまざまなタスクに活用できます。以下はGPT-3を使って実験するアイデアのいくつかです。

  • 子供のための寝前話の作成
  • YouTubeのビデオアイデアのブレスト
  • ソーシャルメディアのバイオテキストの生成

GPT-3を使ったクリエイティブな活用方法は無限です。

OpenAI Playgroundのクレジットの確認

2023年】OpenAIの無料クレジットが0になっているときに確認したいこと | ぽむラボ

OpenAI Playgroundを使用する際には、クレジットの使用状況を確認することが重要です。ページ右上の “Personal > Manage account” をクリックし、左のナビゲーションバーから “Usage” を選択します。クレジットはトークンを基に計算され、プロンプトに使用される単語や文字のグループに基づいています。初めての3か月間は$5分のクレジットが与えられます。通常は十分な量ですが、使用状況を確認しておくことをおすすめします。

異なるGPTモデルへの切り替え

Davinci、Curie、Babbage、Adaなど、さまざまなGPTモデルを選択できます。モデルを切り替えるには、テキストボックスの右側にある設定バーから “Model” を選択します。Davinciがデフォルトで設定されていますが、他のモデルを選択することでコストを削減し、より高速にプロンプトを処理できます。Davinciは文脈を理解し、複雑でクリエイティブな回答を生成するために最適です。

続きを読む

OpenAI Playground とは? OpenAI Playgroundの使い方とその特徴

Playgroundは、OpenAIが提供するGPT-3モデルを実際に試してみるためのインタラクティブなオンラインツールです。Playgroundを使用すると、テキストベースの対話や文章生成の実験が簡単に行えます。以下に、Playgroundの主要なパラメータとその説明を示します。

  1. Mode (モード): Playgroundは、主に2つのモードで利用できます。
      • 「自由なモード (Freeform)」では、自由にテキストを生成し、対話を模倣することができます。
      • 「フォーマット指定 (Prompted) モード」では、特定のプロンプト(テキストの指示)に対してテキスト生成を行います。
    1. Model (モデル): このパラメータでは、使用したいGPT-3モデルを選択します。選択肢には異なるモデルがあり、その用途に応じて選択します。
    2. Temperature (温度): Temperatureは、生成されるテキストのランダム性を制御するためのパラメータです。低い値はより確定的なテキストを生成し、高い値はよりランダムなテキストを生成します。
    3. Maximum Length (最大長): 生成されるテキストの最大長をトークン数で指定します。テキストの長さを制限するために使用されます。
    4. Stop Sequences (停止シーケンス): 生成テキストに特定のトークンが現れた場合に生成を停止するためのトークンを指定します。通常は文の終わりを示す句読点などが指定されます。
    5. Top P:

      Top P(トップP)は、テキスト生成において使用される確率分布を制御するためのパラメータです。このパラメータは、生成されるテキストのランダム性と予測性を調整します。

      Top Pを設定することにより、生成されるテキストのトークン(単語や文字などのテキストの部分)の選択が制御されます。具体的には、以下のように動作します:

      • Top Pの値は0から1の範囲で設定されます。一般的な例として、Top Pが0.3の場合を考えてみましょう。
      • テキスト生成の際、モデルは次に生成するトークンの候補を計算し、それぞれのトークンに対する生成確率を持っています。
      • Top Pは、この確率分布をもとに、上位のトークンの確率質量(確率の総和)を計算します。具体的には、確率が高い順にトークンを並べ、その確率の総和がTop Pの値を超えるまでトークンを選択し続けます。
      • Top Pが0.3の場合、上位30%の確率質量に相当するトークンが選択されます。つまり、確率が高いトークンが優先され、生成テキストに含まれやすくなります。
      • 一方、Top Pを小さく設定すると、より確率の高いトークンが選択され、生成されるテキストはより予測可能でランダム性が低くなります。Top Pを大きく設定すると、ランダム性が高くなり、より多くの異なるトークンが生成される可能性があります。

      このように、Top Pはテキスト生成の確率分布を制御し、生成されるテキストの予測性とランダム性を調整するために使用されます。値を調整することで、特定の生成要件や好みに合わせたテキストを生成することができます。

    6. Frequency Penalty (頻度ペナルティ): 頻度ペナルティは、特定のトークンの使用頻度に対するペナルティを制御するためのパラメータです。特定の単語を避けたり、促進したりするために使用されます。
    7. Presence Penalty (存在ペナルティ): 存在ペナルティは、特定のトークンの存在を制約するためのパラメータです。特定の単語やトークンを生成に含める確率を調整できます。
    8. Best of: 生成されたテキストを複数回生成し、その中から最良の結果を選択するためのオプションです。複数の生成を比較して最良のものを取得できます。
    9. Inject Start Text (開始テキストの挿入): ユーザーメッセージの開始時にテキストを挿入するためのオプションです。対話の開始時に特定のテキストを含めることができます。
    10. Inject Restart Text (再開テキストの挿入): 対話の再開時にテキストを挿入するためのオプションです。対話を中断して再開する場合に特定のテキストを含めることができます。
    11. Show Probabilities (確率の表示): このオプションを有効にすると、トークンの生成確率を表示します。トークンが生成される確率を確認できます。

これらのパラメータを適切に設定することで、Playgroundを使用してさまざまなテキスト生成タスクや対話の実験が行えます。パラメータの調整は、生成されるテキストの品質や性質を制御するために重要です。

結論

OpenAI Playgroundを使用してGPT-3を活用する方法を学びました。この強力なツールを使いこなせば、文章生成から情報要約、翻訳までさまざまなタスクを効果的に実行できます。GPT-3を活用して、クリエイティブなアイデアの実験やタスクの自動化を行いましょう。OpenAI Playgroundは、機械学習の専門家でなくても誰でも利用できるプラットフォームです。ぜひ活用してみてください。

参考資料

https://platform.openai.com/docs/models/overview

関連している

最新の投稿