生成AIの未来展望: GPT-5とChatGPTの進化に迫る

Published on:

こんにちは、AIテクノロジーの最新情報をお届けするニュースレターにお越しいただき、ありがとうございます。今回は、OpenAIの生成AIであるChatGPTの最新アップデートと、GPT-5に関する興味深い情報についてご紹介いたします。生成AIの進化が続く中で、どのような新機能や展望が待っているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

ChatGPTの最新アップデート

OpenAI: the new version of ChatGPT will still take a long time - GizChina.it

OpenAIのChatGPTは、AIチャットボットとして広く利用されており、その性能向上が続けられています。2022年11月にリリースされたChatGPTは、その後も複数回のアップデートにより、新たな機能が追加されました。そして、2023年8月3日に行われた最新のアップデートでは、6つの新機能が導入されました。

こちらも参照  チャットGPT 遅い なぜ?チャットGPTの応答速度に影響を与える要素

プロンプト例の表示

ChatGPTを開くと、一般的な質問やテーマに関連するプロンプト例が表示されるようになりました。例えば、「Plan a trip(旅行計画)」や「Recommend a dish(オススメの料理)」などが挙げられます。これにより、ユーザーはチャットを開始する際にアイデアを得やすくなりました。

追加プロンプトのサジェスト

プロンプトを入力し、ChatGPTが出力した際、その出力に関連した追加のプロンプトが提案されるようになりました。これにより、対話の流れをスムーズに維持でき、より豊かな対話が可能になりました。

有料版ユーザーによるGPT-4のデフォルト設定

これまで、新規チャットを開始する際にはGPT-3.5がデフォルトとされていましたが、有料版ユーザーは今回のアップデートからGPT-4をデフォルトのモデルとして設定できるようになりました。これにより、より高度な対話を実現できるでしょう。

Code Interpreterへの複数ファイルのアップロード

プラスユーザー向けのCode Interpreterで、複数のファイルを一度にアップロードできるようになりました。これにより、プログラミングやコーディングに関する対話がより効率的に行えるようになりました。

ログイン状態の保存

これまで2週間に1回、ユーザーはログアウトしなければならない制約がありましたが、今回のアップデートによりログイン状態を保存できるようになりました。ユーザーエクスペリエンスが向上しました。

ショートカットキーの追加

新たにショートカットキーが追加され、ユーザーは「Ctr + Shift + O」で新規チャットを開始したり、「Ctr + Shift + I」でカスタムインストラクションを設定したりすることができます。操作の効率化が図られました。

こちらも参照  ChatGPTのAPI新機能「Function calling」Python実装ガイド

ユーザーからは、これらの新機能に対する反応が様々です。使いやすさを評価する声もあれば、プロンプト例の表示が注意を散漫にするとの批判もあります。しかし、継続的なアップデートにより、ChatGPTはますます多彩な用途に適したツールとして進化し続けています。

GPT-5の商標申請

OpenAIは、ChatGPTの運用において、現在はGPT-4をフラッグシップモデルとして位置づけていますが、将来的にはより強力なGPT-5にアップデートする可能性が浮上しています。その証拠として、OpenAIは米国特許商標庁(USPTO)に「GPT-5」を搭載したChatGPTの商標を申請しました。

商標申請の詳細

申請書類の商標タイトル欄には、「GPT-5」と記載され、その説明として「Downloadable computer programs and downloadable computer software for using language models(言語モデルを使用するためのダウンロード可能なコンピューターソフトウェア)」との記述がなされています。これは以前のモデルでも使用されていた説明です。

こちらも参照  ChatGPTコードインタープリターはビジネスにどのような革新をもたらすのか?

しかし、商標申請自体は、実際にGPT-5がリリースされることを確約するものではありません。多くの企業がまだ開発されていないコンセプトに対して商標を申請し、競合他社に先んじた知的財産保護を行うケースが多いためです。GPT-5の実現については今後の展望が注目されます。

挙動が変化しているChatGPT、どう変わった?

 

ChatGPTのアップデートに関しては様々な意見がありますが、一方でChatGPTの挙動自体にも変化が見られます。ユーザーコミュニティ内での報告によれば、以前のバージョンと比べてChatGPTが異なる回答を返すことがあるとの声が挙がっています。

この挙動の変化については、OpenAIがモデルの調整を行っている可能性が考えられます。性能向上や回答の品質向上を図るために、定期的な調整が行われていることは一般的です。ユーザーからのフィードバックも大切にされており、今後の改善に向けての貴重な情報となっています。

まとめ

生成AIの進化は続き、ChatGPTは新機能の追加や性能向上により、ますます多くのユーザーに利用されています。また、GPT-5の商標申請により、将来的な展望も注目されています。生成AIの技術は急速に進化し、私たちの日常生活やビジネスに影響を与えることでしょう。

次回のニュースレターでも、AIテクノロジーの最新情報をお届けしますので、お楽しみにお待ちください。それでは、次回までお元気で!

関連している

最新の投稿