GPT4とは?特徴と驚きの機能を解説!GPT3.5との違いも紹介

Published on:

この記事では、OpenAIが開発した高度な言語モデルであるGPT4について詳しく探っていきます。GPT4は、その前身であるGPT3.5と比べて、改良された機能と性能を備えています。GPT4の主な特徴や利点について解説し、GPT3.5との違いにも触れていきます。

GPT4とは?

Everyday apps you didn't know were powered by GPT-4 | Technology News,The Indian Express

GPT4は、OpenAIが開発した次世代の言語モデルです。GPTは「Generative Pre-trained Transformer」の略であり、大量のデータを学習し、自然な文章の生成や意味の理解を行うことができます。GPT4は、その性能と機能の向上により、より高度な言語処理能力を提供します。

こちらも参照  ChatGPTとGitHubの連携:コード共有と開発支援の未来

GPT4の料金

GPT4の利用には料金がかかります。具体的な料金体系については、OpenAIの公式ウェブサイトを参照してください。料金は利用方法や利用量によって異なる場合がありますので、詳細な情報を確認することをおすすめします。

GPT4の日本語利用

GPT4は日本語にも対応しており、日本語の文章生成や意味理解においても高い性能を発揮します。日本語の質問や文章に対して適切な回答や生成を行うことができます。これにより、日本語を使用するさまざまな場面でのコミュニケーションや情報処理において、大きな助けとなるでしょう。

GPT4の特徴

GPT4は、GPT3.5に比べて以下のような特徴を持っています。

マルチモーダルであること

GPT4は、テキストだけでなく、画像や音声など、複数のモーダル(入力形式)に対応しています。これにより、より多様な情報源からの入力を受け付け、それに基づいた応答や生成を行うことができます。

長文の会話もやり取りできるように

GPT4は、長文の会話や文章にも対応しています。これにより、より複雑な文脈や背景を考慮した対話が可能になります。長文の会話をよりスムーズかつ自然に処理することで、より高度な情報処理や対話型アプリケーションの開発が実現されます。

知識のカットオフを超えた学習

GPT4は、GPT3.5の知識のカットオフポイントを超えて学習しています。つまり、GPT4はGPT3.5よりも新しい情報や知識を理解し、生成することができます。これにより、最新のトピックや動向に関する情報を提供することができます。

パフォーマンスの向上

GPT4は、GPT3.5に比べてパフォーマンスが向上しています。より高速で効率的な処理が可能であり、リアルタイムな対話や応答がより円滑に行われます。また、生成される文章の品質や適切性も向上しており、より信頼性の高い結果が得られます。

GPT4でできること?

「GPT4はどんなことができるの?」という質問について、調査結果をまとめてみます。以下にGPT4の機能についての具体的な例を示します。

こちらも参照  ChatWorkとChatGPTの連携は簡単にできる

画像関連:

  • 棒グラフ上の図とテキスト上の質問からチャートの推論を行える。
  • 画像のおかしな箇所を読み取り、テキスト化できる。
  • おもしろい画像を理解した上で、なぜおもしろいのかをテキスト化できる。
  • 論文が書かれた画像をOCR(光学文字認識)により読み取り、要約することができる。

その他:

  • マインドマップを作成することができる。
  • Twitterの運用のコツを教えてくれる。
  • エクセルと連携して作業を行うことができる。

以上が、GPT4が実現可能な一部の機能です。GPT4はさまざまなタスクや応用において、高度な自然言語処理の能力を発揮します。

GPT-4の質問応答能力の例

GPT-4に具体的な質問をし、その回答例を示します。

質問1: 「太陽系で最も大きな惑星は何ですか?」 回答1: 「太陽系で最も大きな惑星は木星です。直径は約143,000キロメートルで、他の惑星よりも大きく質量も最も大きいです。」

こちらも参照  言語学習のためのChatGPT:新しいAI技術で効果的に学ぶ方法

質問2: 「ローマ帝国の最後の皇帝は誰ですか?」 回答2: 「ローマ帝国の最後の皇帝はロムルス・アウグストゥルスです。彼は西ローマ帝国の最後の皇帝であり、476年にオドアケルによって廃位されました。」

質問3: 「アルバート・アインシュタインの生涯について教えてください。」 回答3: 「アルバート・アインシュタインは1879年にドイツで生まれ、理論物理学者として知られています。彼は相対性理論の提唱や光量子仮説など、数々の重要な貢献をしました。彼の業績により、1921年にノーベル物理学賞を受賞しました。彼は1955年に亡くなりました。」

質問4: 「東京オリンピックの開催はいつですか?」 回答4: 「東京オリンピックは2021年の夏に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響により1年延期され、2021年7月23日に開幕しました。」

上記はいくつかの具体的な質問とそれに対するGPT-4の回答例です。GPT-4は自然言語処理の能力が向上しており、より正確で適切な回答を提供することが期待されます。

GPT4とGPT3.5の違い

検証】GPT4 vs. GPT3.5!推論問題で対決!

GPT4とGPT3.5の主な違いは、以下の点にあります。

  1. マルチモーダル対応: GPT4は、複数のモーダル(テキスト、画像、音声など)に対応していますが、GPT3.5は主にテキストに焦点を当てたモデルです。
  2. 長文の処理: GPT4は、長文の会話や文章をより適切に処理することができますが、GPT3.5では一部の制約があります。
  3. 学習データの更新: GPT4は、GPT3.5よりも新しいデータを学習していますので、より最新の情報に対応することができます。
  4. パフォーマンスの向上: GPT4は、処理速度や応答の品質などの面でGPT3.5よりも優れたパフォーマンスを示します。

まとめ

GPT4は、OpenAIが開発した次世代の言語モデルであり、GPT3.5と比べてさまざまな面で進化しています。マルチモーダル対応や長文の処理能力、新しい知識の理解、パフォーマンスの向上など、さまざまな特徴を備えています。GPT4の利用には料金がかかりますが、その高度な言語処理能力を活用することで、コミュニケーションや情報処理の領域で大きな助けとなるでしょう。

GPT4の詳細な情報や料金体系については、OpenAIの公式ウェブサイトを参照してください。今後もGPTシリーズは進化を続け、より高度な言語処理技術の発展に貢献していくことでしょう。

関連している

最新の投稿