Excelで使えるChatGPTアドイン「ChatGPT for Excel」の使い方と便利な機能

Published on:

ChatGPTは、自然言語処理モデルの一つであり、質問や回答の生成が可能です。この記事では、「ChatGPT for Excel」というアドインを使用して、Excel上でChatGPTを利用する方法について説明します。Excelを使って効率的に質問と回答を生成することができるため、多くの人々にとって便利なツールとなるでしょう。

ChatGPT for Excelの追加方法

 

こちらも参照  スマートフォンでのチャットGPT利用方法

まず、ChatGPT for Excelアドインを追加する必要があります。以下の手順に従って、ExcelにChatGPT for Excelを追加してください。

  1. Excelを開きます。
  2. メニューバーの「ファイル」をクリックします。
  3. 「オプション」を選択します。
  4. 「アドイン」タブをクリックします。
  5. 「Excel アドインの管理」の下にある「Excel アドイン」のドロップダウンメニューから、「ストアに行く」を選択します。
  6. 検索バーに「ChatGPT for Excel」と入力し、検索します。
  7. 「ChatGPT for Excel」アドインが表示されたら、それを選択し、「追加」ボタンをクリックします。
  8. アドインの追加が完了したら、Excelを再起動します。
こちらも参照  ChatGPTによる生徒の学習促進:3つの実践的アプローチ

ChatGPT(OpenAI)のAPIキーの取得

 

次に、ChatGPT(OpenAI)のAPIキーを取得する必要があります。以下の手順に従って、APIキーを取得してください。

  1. OpenAIのウェブサイトにアクセスします。
  2. ログインまたは新しいアカウントを作成します。
  3. ダッシュボードに移動します。
  4. APIキーのセクションに進みます。
  5. 「新しいAPIキーを生成する」ボタンをクリックします。
  6. APIキーが生成されたら、それを安全な場所に保存してください。

ChatGPT for ExcelへのAPIキーのセット

 

ChatGPT for ExcelアドインにAPIキーをセットすることで、Excel上でChatGPTを利用する準備が整います。以下の手順に従って、APIキーをセットしてください。

  1. Excelを開きます。
  2. メニューバーの「ChatGPT」をクリックします。
  3. 「設定」を選択します。
  4. 「APIキーの設定」セクションに進みます。
  5. 先ほど取得したAPIキーを入力します。
  6. 「保存」ボタンをクリックします。

AI.ASK関数を使って質問する

 

Excel上でChatGPTに質問するには、AI.ASK関数を使用します。以下の手順に従って、AI.ASK関数を使って質問をする方法を説明します。

  1. Excelを開きます。
  2. 質問を入力したいセルを選択します。
  3. フォーミュラバーに「=AI.ASK(“質問内容”)」と入力します。質問内容は、ChatGPTに尋ねたい内容を入力します。
  4. Enterキーを押します。
  5. ChatGPTが質問に回答します。
こちらも参照  ChatGPTで高度な計算・データ分析まで:Wolframプラグインの活用方法を徹底解説!

AI.LIST関数でリスト形式の回答を表示する

 

AI.LIST関数を使用すると、ChatGPTからの回答をリスト形式で表示することができます。以下の手順に従って、AI.LIST関数を使ってリスト形式の回答を表示する方法を説明します。

  1. Excelを開きます。
  2. 回答を表示したいセルを選択します。
  3. フォーミュラバーに「=AI.LIST(“質問内容”)」と入力します。質問内容は、ChatGPTに尋ねたい内容を入力します。
  4. Enterキーを押します。
  5. ChatGPTからの回答がリスト形式で表示されます。

AI.FILL関数でリスト項目を補完する

 

AI.FILL関数を使用すると、リストの項目を補完することができます。以下の手順に従って、AI.FILL関数を使ってリスト項目を補完する方法を説明します。

  1. Excelを開きます。
  2. 補完したいリスト項目を入力したいセルを選択します。
  3. フォーミュラバーに「=AI.FILL(“リスト項目”)」と入力します。リスト項目は、補完したいリストの一部を入力します。
  4. Enterキーを押します。
  5. ChatGPTがリスト項目を補完します。

マイクロソフト公式のアドインも登場

https://www.youtube.com/watch?v=dlTzE5s-EL8

 

ExcelでChatGPTを使用するだけでなく、マイクロソフト公式のアドインも登場しています。これらのアドインを使用することで、より使いやすく効果的な方法でChatGPTを活用することができます。公式のアドインを探索して、自分に合った方法を見つけてみてください。

サポート延長をもっと見る

GPTExcelの使い方:AIによる数式自動生成で効率化を実現する方法

よくある質問(FAQ)

1. ChatGPT for Excelを追加するにはどうすればよいですか?

Excelの「ファイル」メニューから「オプション」に進み、「アドイン」タブをクリックします。その後、「ChatGPT for Excel」を検索し、追加します。

2. ChatGPTのAPIキーはどこで取得できますか?

OpenAIのウェブサイトにアクセスし、ダッシュボードからAPIキーを生成することができます。

3. AI.ASK関数とAI.LIST関数の違いは何ですか?

AI.ASK関数は、ChatGPTに質問をするために使用され、AI.LIST関数は、ChatGPTからの回答をリスト形式で表示するために使用されます。

4. マイクロソフト公式のアドインはどのように利用できますか?

マイクロソフト公式のアドインは、Excelのアドインストアから見つけることができます。公式のアドインをインストールすることで、ChatGPTの機能をさらに拡張することができます。

5. ChatGPT for Excelを使うメリットは何ですか?

ChatGPT for Excelを使うことで、Excel上で質問と回答の生成が簡単になります。効率的な作業を行いたい人や、Excelをよく使う人にとって便利なツールです。

まとめ

この記事では、「ChatGPT for Excel」というアドインを使用して、Excel上でChatGPTを利用する方法について紹介しました。ChatGPTをExcelで活用することで、質問と回答の生成を効率化し、作業効率を向上させることができます。APIキーの取得から設定方法まで、ステップバイステップで説明しましたので、ぜひ試してみてください。

関連している

最新の投稿