チャットGPT-4無料版を試してみよう!革新的なコンテンツ創造の可能性

Published on:

ChatGPT-4の発表は、多くのコンテンツクリエイターたちに新たなAIの機能を試してみたいという熱意をもたらしました。しかし、ChatGPT-4は現在一般の利用者には公開されておらず、ChatGPT Plusサービスの有料サブスクリプション会員にのみアクセスが可能です。しかし、幸いにもいくつかのサイトでは、無料でChatGPT-4(GPT-4)にアクセスまたは利用することができます。

ChatGPT-4を無料で利用できるウェブサイト

Poe.com

Poe.comは、OpenAIやAnthropicなどのサードパーティの大規模言語モデル(LLM)や開発者によって駆動されたさまざまなボットを探索し、対話することができるプラットフォームです。学習支援、ライティングヘルプ、翻訳、プログラミング支援、要約、エンターテイメントなど、さまざまな目的でボットを使用することができます。

こちらも参照  OpenAIが公開したAIによる会議議事録生成のチュートリアル

The AI Dungeon

The AI Dungeonは、AIが生成するテキストベースのアドベンチャーゲームをプレイできるオンラインプラットフォームです。このプラットフォームはChatGPTを使用してコンテンツを生成し、ユーザーがAIとオープンワールドの設定で対話できるようにしています。AI Dungeonは無料で利用でき、進行状況を保存するためにアカウントを作成することもできます。

Hugging Face

Hugging Face’s Transformersは、ChatGPT-4(GPT-4)を含む最先端のAIモデルを提供する自然言語処理のオープンソースライブラリです。このライブラリはApacheライセンスで提供されており、GitHubからアクセスすることができます。Hugging Face’s Transformersを使用することで、ChatGPT-4(GPT-4)のAI機能を活用してNLPモデルを強化したり、新しいアプリケーションを作成したりすることができます。

Ora.sh

Ora.shは、チャットインターフェースを使用してLLMアプリケーションを迅速に作成し、他の人と共有することができるWebベースのプラットフォームです。Ora.shでは最近、制限や料金なしでChatGPT-4モデルを試すことができる機能を導入しました。メッセージの制限はなく、待ち時間もないため、自由にChatGPT-4モデルを活用することができます。

こちらも参照  ChatGPT×YouTubeで動画内容を一瞬で要約する方法

Bing AIチャット

Bing AIチャットは、GPT-4モデル(内部的には「Prometheus」と呼ばれています)を既に利用しているMicrosoft Bingの機能です。Bing AIチャットには、ChatGPT-4にはない追加機能も備わっています。

Nat.dev

Nat.devは、ユーザーが機械学習モデルを並べて比較することができるオープンなプレイグラウンドを提供するウェブサイトです。このサイトは、機械学習やAI技術の開発と普及に関わるNat Friedman氏とそのチームによって作成されました。

Forefront chat

Forefront chat(フォアフロント・チャット)は、ChatGPT-4を無料で利用できるウェブベースのプラットフォームです。Forefront chatにアクセスすると、Googleアカウントまたはメールアドレスでサインインするよう求められます。[Model:]の部分で[GPT-4]を選択し、[Persona:]の部分には適当な値を入力します。テキストボックスに質問やメッセージを入力して送信することができますが、送信前に「Enter」キーを押してしまわないよう注意してください。また、送信に制限がある場合もあります。

以上がChatGPT-4(GPT-4)を無料で利用できるウェブサイトのリストです。これらのサイトを利用することで、ChatGPT-4の機能を体験し、新たなコンテンツの可能性を探求することができます。

こちらも参照  [学生向け] ChatGPT の調査、計画、執筆、学習のプロンプト

ChatGPT-4の無料利用の利点と制限

ChatGPT-4の新機能の体験と可能性の探求

ChatGPT-4の無料利用には、以下の利点と可能性があります。

  1. 高度な自然言語処理能力:ChatGPT-4は、前のバージョンよりも強化された自然言語処理能力を持っています。そのため、より高度な対話やテキスト生成の体験ができます。新しい機能や改善されたモデルアーキテクチャを活用しながら、ChatGPT-4の能力を探求することができます。
  2. 様々な利用目的への適用:ChatGPT-4は、学習支援、ライティングヘルプ、翻訳、プログラミング支援、要約、エンターテイメントなど、さまざまな目的で利用することができます。無料版を利用することで、これらの領域での新しいアイデアや可能性を探求することができます。
  3. クリエイターへのインスピレーションと支援:無料のChatGPT-4を利用することで、コンテンツクリエイターや開発者は新しいAIの機能を試すことができます。この経験からインスピレーションを受け、自身のプロジェクトやコンテンツにAIを活用することができます。

利用制限や料金の有無に関する注意事項

ChatGPT-4の無料版利用には、一部の制限や注意事項があります。

  1. 利用制限:無料版では、利用に制限がある場合があります。例えば、リクエストの回数やキャラクター数に制限が設けられていることがあります。制限事項や利用条件について、各ウェブサイトの利用規約やガイドラインを確認することが重要です。
  2. 有料サブスクリプションへのアップグレード:一部のウェブサイトでは、有料のサブスクリプションプランを提供しています。これにより、制限を解除したり、追加の機能やサポートを利用したりすることができます。有料プランの詳細や価格については、各ウェブサイトの情報を参照してください。

FAQs

チャット GPT 4は無料ですか?

2023年5月現在、GPT-4を利用する場合、OpenAIでは月額20ドルのサブスクリプションサービス「ChatGPT Plus」に加入する必要があります。そのため、GPT-4の利用は無料ではありません。ただし、正確な情報についてはOpenAIの公式ウェブサイトや公式発表をご確認いただくか、OpenAIのサポートにお問い合わせいただくことをおすすめします。

チャットGPTの有料版と無料版の違いは何ですか?

チャットGPTの有料版であるChatGPT Plusは、無料版と比較していくつかの主な違いがあります。以下にその違いを挙げます。

  • 利用制限: ChatGPT Plusでは、APIの使用制限が緩和または除去されています。無料版では一定量以上のリクエストを行うと制限がかかりますが、有料版ではより多くのリクエストを処理することができます。
  • 優先アクセス: ChatGPT Plusの加入者は、新機能やアップデートなどの新しいリリースに優先してアクセスすることができます。無料版では、これらの新機能へのアクセスは制限される場合があります。
  • サポート: ChatGPT Plusの加入者は、優先的なサポートを受けることができます。無料版では、サポートに関して制限があるかもしれません。

チャットGPTは料金かかりますか?

ChatGPTの利用には、基本的には料金がかかりません。無料でアクセスして利用することができます。ただし、2023年5月現在、OpenAIでは有料のサブスクリプションサービス「ChatGPT Plus」も提供されており、追加の機能や特典を利用する場合は月額20ドルが必要です。しかし、このサービスに加入しなくても無料で利用することができます。したがって、基本的な利用においては料金はかかりません。

GPT-4 無料いつ?

チャットGPTの無料版でできることは?

ChatGPT 無料版の回数制限は?

結論

ChatGPT-4の無料版を利用することで、新しい自然言語処理能力や機能を体験し、さまざまな利用目的に応用することができます。コンテンツクリエイターや開発者は、無料版を通じてAIの可能性を探求し、自身のプロジェクトやコンテンツに活用するインスピレーションを得ることができます。

ただし、無料版の利用には制限や注意事項があります。各ウェブサイトやプラットフォームの利用規約や制限事項を確認し、適切に利用することが重要です。また、有料のサブスクリプションプランにアップグレードすることで、制限を解除したり、追加の機能やサポートを利用することも可能です。

関連している

最新の投稿