Midjourney ライセンスの説明: 商用利用、著作権、および規約

Published on:

AI技術の進化と共に、新しいコンテンツ作成ツールとしてのMidjourneyが登場しました。しかし、このツールを効果的に使用するためには、そのライセンスや規約を理解することが不可欠です。この記事では、Midjourneyのライセンスに関する基本的な情報を解説します。

Midjourneyとは?

Midjourneyは、AI技術を使用してアート作品を生成するプラットフォームです。ユーザーは簡単な指示だけで、独自のビジュアルコンテンツを作成することができます。

こちらも参照  ビジネスマンのための画像生成AI「MidJourney」の可能性と活用方法

商用利用に関するルール

Midjourneyで生成された画像の商用利用には、以下のルールが適用されます。

無料トライアル利用者の場合

  • 画像は非商業目的でのみ使用可能。
  • 画像の使用時には、Midjourneyへのクレジット表記とリンクが必要。
  • クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-NC 4.0)が適用される。

有料サブスクリプション利用者の場合

  • 商用利用が可能だが、特定の条件が必要。
  • 画像の著作権や承認をMidjourneyが持っているとの誤解を招くような使用は禁止。
  • 他者の権利を侵害する方法での使用は禁止。

著作権について

AIによる著作物の現状

2023年2月、米国著作権局はAIによって作成された画像の著作権は認められないとの立場を明らかにしました。この判断はMidjourneyや他のAIアート生成プラットフォームに影響を及ぼしています。

Midjourneyユーザーの権利

Midjourneyで生成された作品に対する権利は以下のとおりです。

  • ユーザーは作品に対する排他的な権利を持っていない。
  • Pro Plan未満の利用者が生成した画像は公に公開される。
  • 他のユーザーは、あるユーザーが生成した画像を利用することができる。
こちらも参照  MidjourneyとDALL-Eはどちらが良いですか?

Midjourney を使用して著作権ポリシーに準拠した画像を作成する手順の詳細を参照してください。

Midjourneyをビジネスでどう活用するか?

「Midjourney」をビジネスで活用する方法には、以下のようなアプローチが考えられます:

  1. デザイン・イラスト制作:従来、手間と時間がかかっていたデザインやイラスト制作を、MidjourneyのAIを使って効率的に、短時間で制作することが可能。特に、Webデザインや広告、商品パッケージなど、繁忙なビジネス領域での活用が期待される。
  2. オリジナルNFTの制作と販売:Midjourneyで生成したアート作品をNFT(非代替可能トークン)として発行し、オンラインマーケットプレイスでの販売を行う。
  3. カスタムグッズの製造:生成したイラストやデザインを活用して、Tシャツやマグカップ、ポスターなどのオリジナルグッズを作成・販売する。
  4. ブランドイメージの強化:企業のブランドや商品のイメージを一新するためのビジュアル素材として、MidjourneyのAIが生成するアートを活用する。
  5. クリエイティブワークショップの提供:Midjourneyの機能を学ぶワークショップやセミナーを開催し、参加者に対して有料で提供する。
  6. AIアートの展示やイベント:Midjourneyで生成したアートを使った展示やイベントを企画・実施し、入場料やスポンサーシップで収益を上げる。

商業的ビジネスでMidjourneyを使用する際の権利と制限に関する要約です

権利:

  1. サービスを使用することで、ユーザーはMidjourneyに、サービスで生成した画像やその他のアセットに関する権利を持つことができます。
  2. この契約に従って作成されたアセットは、ユーザーが所有しています。ただし、他の人の画像を拡大することを除きます。
  3. 有料メンバーは、サービスで作成したアセットを所有することができます。ただし、年間売上高が1,000,000 USD以上の企業の従業員やオーナーとしてサービスを使用している場合、その企業の代わりにサービスを使用しているすべての個人に対して“Pro”または”Mega”メンバーシップを購入する必要があります。
こちらも参照  Midjourney: 無料プランから有料版へのアップグレードのステップバイステップガイド

制限:

  1. サービスの品質、安定性、アップタイム、信頼性に関しては保証されていません。
  2. サービスやアセットは、題名、非侵害、商品性、特定目的への適合性などの明示的または黙示的な保証や条件なしで、”AS IS”の基準で提供されます。
  3. Midjourneyは、いつでも任意の理由でユーザーのサービスへのアクセスを停止または禁止する権利を保有しています。
  4. サービスを競合調査のために使用することはできません。また、サービスやアセットのリバースエンジニアリングも禁止されています。
  5. 13歳未満のユーザーはサービスを使用することはできません。
  6. サービスを使用することで、ユーザーはMidjourneyに個人情報を提供することがあります。
  7. 有料メンバーシップを持っていないユーザーは、作成したアセットを所有することはできません。代わりに、MidjourneyはCreative Commons Noncommercial 4.0 Attribution International Licenseの下でアセットのライセンスを付与します。

これらの情報は、Midjourneyの利用規約に基づいています。商業的な利用を検討している場合は、詳細を確認するために公式の利用規約を参照することをおすすめします。

よくある質問

Midjourneyとは何ですか?

Midjourneyは、AIを利用してアート作品を生成することができるオンラインプラットフォームです。ユーザーは数語で指示を送るだけで、美しいビジュアルコンテンツを作成することができます。

商用利用は可能ですか?

はい、商用利用は可能ですが、あなたが選んでいるサブスクリプションプランによって、使用条件が異なります。無料トライアルのユーザーは非商業的な目的のみで利用可能ですが、有料サブスクリプションのユーザーは一定の条件のもとで商用利用が許可されています。

AIによる作品の著作権は?

2023年2月の時点で、米国著作権局はAIによって生成された画像には著作権が認められないとの立場を取っています。したがって、Midjourneyで生成された画像には著作権は存在しません。

Midjourneyで作成した作品に対する私の権利は?

あなたがMidjourneyで生成した作品に対する排他的な権利は持っていません。Pro Plan未満のプランで生成された画像は、コミュニティウェブサイトやDiscordで公開される場合があります。

他のユーザーが私の作品を使用することは許可されていますか?

はい、他のMidjourneyユーザーは、あなたが生成した画像を自分のプロジェクトで使用することが許可されています。ただし、これはPro Plan未満のプランに適用されます。

商用利用のための特定の条件は何ですか?

商用利用の条件として、作品の著作権や承認をMidjourneyが持っているとの誤解を招くような使用を避け、他者の権利を侵害する方法での使用も禁止されています。具体的な条件はMidjourneyの利用規約で確認してください。

結論: Midjourneyライセンスの重要性

Midjourneyを使用する際には、商用利用のルールや著作権、そしてその他の規約を十分に理解することが重要です。特に商業的な目的でコンテンツを使用する場合、正確な情報と理解が求められます。

注意: 本記事は一般的な情報提供を目的としており、法的助言を目的としたものではありません。Midjourneyの公式サイトや公式文書を参照して、最新の情報や詳細を確認することを強く推奨します。

この記事がMidjourneyのライセンスに関する基本的な理解の助けとなることを願っています。正確な情報と理解は、クリエイティブな作品を問題なく共有・販売するための鍵となります。

ソース:

関連している

最新の投稿