MidjourneyとDALL-Eはどちらが良いですか?

Published on:

近年、AI技術の進化により、テキストから画像を生成することが可能になりました。この分野において、MidjourneyとDALL-Eは注目を集めています。本記事では、これらのAIツールを比較し、どちらが優れているかについて検討します。それぞれの特徴、利点、欠点を詳細に解説し、最終的にはあなたがどちらを選ぶべきかの判断材料を提供します。

MidjourneyとDALL-Eの概要

Midjourney - AI比較ナビ

Midjourney

Midjourneyは、テキストから画像を生成するためのAIツールです。以下に、Midjourneyの主な特徴を示します。

  • 一般公開されており、登録申請すればすぐに利用可能。
  • Discordアカウントが必要。
  • 初回は25回分のクレジットが付与され、以降は月額の課金制。
  • 個人向けプランでは、月10.00ドル(200回分/月)または30.00ドル(無制限)のプランが提供されており、有料会員は生成した画像の商用利用が可能。
こちらも参照  Midjourneyを使って簡単に画像をアップロードする方法

DALL-E

DALL-EはOpenAIによって開発されたテキストから画像を生成するAIモデルです。以下に、DALL-Eの主な特徴を示します。

  • 現在は一般公開されておらず、招待に基づいて利用可能。
  • 登録申請を行い、招待を受ける必要がある。
  • 初回登録時に50回分のクレジットが提供され、以降は毎月15回分のクレジットが付与される。
  • 超える分は有料で提供される。
  • 1つのテキストから4枚の画像を生成し、バリエーションも作成可能。

利用の容易さ

生成AI最新事情】画像で驚いてる場合じゃない!動画・音楽・3Dデータもテキストから作れる時代が来た | ビジネスを変革するテクノロジー | ダイヤモンド・オンライン

Midjourneyは一般公開されており、登録申請後すぐに利用できるため、手軽さが魅力です。一方、DALL-Eは招待を受ける必要があるため、利用までに待ち時間が発生する可能性があります。登録の手続きがスムーズな場合もあれば、数日かかる場合もあります。利用のしやすさを考えると、Midjourneyが優れています。

価格設定

価格設定は利用者にとって重要な要因です。Midjourneyは月額課金制を採用しており、個人向けプランでは200回分または無制限のクレジットを選ぶことができます。これに対して、DALL-Eは初回登録時に50回分のクレジットが提供され、以降は毎月15回分のクレジットが付与されます。超える分は有料で提供されますが、DALL-Eの価格設定はMidjourneyよりも柔軟性があります。どちらがコスト効率が良いかは、利用頻度や用途によって異なるでしょう。

画像生成の品質

建築分野で話題の画像生成AI – Stable DiffusionとMidjourneyを実際に使って比較してみた。 | 株式会社キャパ CAPA,Inc. コーポレートサイト

画像生成の品質は、これらのツールを評価する際に非常に重要です。以下では、異なるテキストに対する両者の画像生成品質を比較します。

テキスト1: “東京っぽい水没した人類滅亡後の都市”

  • DALL-E: 水上の都市を表現し、高層ビルが描かれている。
  • Midjourney: 水面下の都市を描いており、DALL-Eと比べて水の中にいるような印象。
こちらも参照  Midjourneyのボタン「Upscale to Max」、「Light Upscale Redo」、「Beta Upscale Redo」、および「Remaster」の使用方法を教えてください

テキスト2: “日本のラノベ調の銀髪の美少女”

  • DALL-E: ラノベ風の美少女を描いており、ラフながらもラノベらしい印象。
  • Midjourney: ラノベ風の美少女のパーツはあるが、絵のタッチがラノベとは異なる。

テキスト3: “日本のラノベ調の荒廃した都市にいるバカでっかい剣を持った銀髪の美少女”

  • DALL-E: ラノベの表紙に似たイメージを生成し、具体性が向上。
  • Midjourney: ラノベ風の美少女を描いてはいるが、DALL-Eほどの具体性はない。

テキスト4: “美しい淑女、竜に乗り、革鎧と羽付きの兜をまとい、槍を持っている。空を飛んでいる。”

  • DALL-E: イメージが正確で、絵として魅力的。
  • Midjourney: DALL-Eに比べて絵のタッチが異なり、槍が描かれていない。
こちらも参照  独自の Midjourney サーバー Discord をセットアップする方法

テキスト5: “ウィスキー蒸留の職人。ウィスキーのスティルポット(蒸留釜)も。”

  • DALL-E: ウィスキー蒸留の職人を描き、スティルポットも認識。
  • Midjourney: より具体性が低く、アルコールランプのように見える。

テキスト6: “琥珀色の液体に満ちたガラス製のスチームパンクな円筒容器に閉じ込められた妖精の少女”

  • DALL-E: イメージが正確で、魅力的なイラストを生成。
  • Midjourney: DALL-Eに比べてイメージを掴んだ画像を生成。

テキスト7: “2人の少女が鉄道の上を歩いている。鉄道は画面の前から地平線まで真っ直ぐ伸びている。”

  • DALL-E: シンプルながら魅力的なイメージを生成。
  • Midjourney: DALL-Eに比べて絵のタッチが異なり、詳細が不足。

よくある質問

MidjourneyとDALL-Eの違いは何ですか?

MidjourneyとDALL-Eは、テキストから画像を生成するAIツールですが、主な違いは以下の通りです。

  • Midjourneyは一般公開されており、登録後すぐに利用可能ですが、DALL-Eは招待が必要です。
  • Midjourneyは月額課金制で、200回分のクレジットや無制限のプランがあります。DALL-Eは初回登録時に50回分のクレジットが提供され、以降は毎月15回分が付与されます。

MidjourneyとDALL-Eの価格はどのようになっていますか?

Midjourneyの価格は、月額10.00ドルのプラン(200回分/月)または月額30.00ドルの無制限プランがあります。DALL-Eは初回登録時に無料で50回分のクレジットが提供され、以降は月に15回分のクレジットが無料で提供されます。超える分は有料です。

どちらのツールが画像生成の品質が高いですか?

画像生成の品質は、テキストと用途に依存します。一般的には、DALL-Eの方が高品質な画像を生成する傾向がありますが、Midjourneyも高品質な結果を提供することができます。具体的なテキストや要求によって、どちらが適しているかが異なります。

MidjourneyとDALL-Eの利用目的は何ですか?

MidjourneyとDALL-Eは、テキストからイラストや画像を生成するために使用されます。これらのツールは、ウェブコンテンツ、広告、プロトタイプ作成など、さまざまな分野で利用されています。また、クリエイティブなプロジェクトやアート制作にも活用されています。

どうやってMidjourneyやDALL-Eを使うことができますか?

Midjourneyは一般公開されており、Discordアカウントを作成し、登録申請を行うことで利用できます。DALL-Eは招待制で、OpenAIのウェブサイトで登録申請を行う必要があります。招待を受けると、DALL-Eを利用することができます。

結論

MidjourneyとDALL-Eは、テキストから画像を生成するための優れたツールですが、それぞれ異なる特徴と利点を持っています。Midjourneyは利用の容易さと柔軟な価格設定が魅力的で、手軽に始めることができます。一方、DALL-Eは高品質な画像生成とクレジットの提供が特徴で、特定の用途に向いています。

選択肢はあなたのニーズと目的に依存します。利用目的や予算に合わせて選択し、どちらを選んでも優れた画像生成が可能です。どちらのツールもAI技術の進化を示す素晴らしい例であり、今後の発展に期待が寄せられます。

関連している

最新の投稿