独自にカスタム出来るAIチャットボット(chatbot)10選!

Published on:

AI技術の進化とともに、チャットボットの需要が増えています。特に、独自にカスタマイズが可能なAIチャットボットは、ビジネスや個人の要件に合わせて使用することができます。本記事では、独自にカスタム出来るAIチャットボット10選を紹介します。

AI技術の進化に伴い、AIチャットボットの市場も急速に拡大しています。特にカスタマイズが可能なボットは、ビジネスや個人利用で大変人気があります。この記事では、2023年におすすめのAIチャットボット10選を紹介します。

ChatShape

『ChatShape』は、特定のWebページを学習し、チャットボットを簡単に作成することができる革新的なサービスです。ユーザーが指定したWebページの情報を基に、瞬時に質問と回答のペアを生成することができます。日本語にも完全対応しており、レスポンスの速さも特筆すべきポイント。また、最初の数回は無料で利用することができるため、気軽に試すことができます。Notionなどのツールとも連携が可能で、多様なシチュエーションでの活用が期待されます。

  • 特徴:簡単にウェブサイト情報をもとにチャットボットを作成可能。
  • 適用場面:企業のカスタマーサポートやFAQセクションの自動応答。
こちらも参照  簡単にナレーションを生成できる日本語音声読み上げソフト6選!

ChatThing

『ChatThing』は、既存のデータソース(Notion、アップロードしたファイル、ウェブサイトなど)をもとに、GPTを活用したAIチャットボットの作成をサポートするツールです。トレーニングの必要なく、手軽に高性能なボットを作成できるのが特長。複雑なプログラムの知識なしに、物語の生成、メッセージの応答、教育的な仮想チューターとしての活用など、幅広い用途での利用が可能です。特に、Notionのコンテンツを基にしたAIチャットボットの生成は、新しい情報共有やコンテンツ生成の方法として注目されています。簡単な操作でAIとの対話やテキスト生成が実現できる『ChatThing』は、効率的な作業や情報伝達を求めるユーザーにとって、非常に価値のあるツールと言えるでしょう。

  • 特徴:PDF、スプレッドシート、ウェブサイトなど多岐にわたる情報の取り込みが可能。
  • 適用場面:情報の整理や、簡単な質問応答に。

SkipVid

『SkipVid』は、YouTube動画の内容を一瞬で要約するツールです。ユーザーはYouTube動画のURLを入力するだけで、動画のサマリーが表示されます。さらに、その動画に関する質問をチャットボットに投げかけることができます。このツールを使用すると、時間をかけずに動画のキーポイントや情報を把握することができます。

  • 特徴:YouTube動画の内容を要約し、チャットボット形式で情報提供。
  • 適用場面:動画コンテンツの要点を早急に知りたいときや、教育目的での利用。

Character AI

『Character AI』は、独自のキャラクターを持つチャットボットを楽しむことができるサービスです。各キャラクターは独自の性格や返答を持っているため、同じ質問に対しても異なる答えを返します。また、ユーザーは自分だけのオリジナルキャラクターを作成し、それとの対話を楽しむことも可能です。さまざまなキャラクターとの対話を通じて、新しい発見や楽しみを見つけることができるユニークなサービスです。

  • 特徴:キャラクターとしてのAIチャットボットを提供。個性豊かな対話が可能。
  • 適用場面:エンターテインメントやゲーム、ストーリーテリングの補完として。
こちらも参照  Helpfeel Generative Writer: 自動FAQ生成の新時代へ

Adrenaline

  • 特徴:効果的なエンゲージメントを目指すAIチャットボットのプラットフォーム。
  • 適用場面:マーケティングやプロモーション活動、リード獲得。

ChatBase

『ChatBase』は、データを元に独自のAIチャットボットを簡単に構築できるプラットフォームです。ChatGPTをベースとしており、リアルタイムでの高品質な対話体験を実現しています。自分のコンテンツやデータをアップロードすることで、特定のトピックに関する詳細な回答が可能となります。さらに、APIを通じてのボットの管理や操作が容易になっています。明瞭な料金体系とGoogleアカウントを利用した簡易ログイン機能も特徴の一つです。これにより、ChatBaseは効率的なAI対話体験の構築をサポートする魅力的なサービスと言えます。

  • 特徴:ビジネス向けの高機能AIチャットボットサービス。
  • 適用場面:営業支援や顧客対応、FAQ自動応答。

ChatPDF

『ChatPDF』は、PDFファイルの内容に関する質問に答えることができるAIチャットボットの新しいツールです。ユーザーはPDFファイルをアップロードするだけで、その内容に関する質問を即座にAIが答えてくれます。マニュアルやエッセイ、法的文書、学術論文など、さまざまなPDFから情報を簡単に抽出することが可能です。基本的な使用は無料で、高精度で信頼性のある回答が得られるので、情報検索や研究の効率化に大変役立ちます。

  • 特徴:PDFの内容をチャット形式で要約・説明。
  • 適用場面:論文や報告書の内容を手軽に理解するため。
こちらも参照  スマホで役立つ!AIアプリのトップ15推薦

続きを見る

ChatYouTube

『ChatYouTube』は、YouTubeの動画の要約を瞬時に提供するツールです。動画全体を視聴するのが時間がかかる場合、このツールを利用すれば動画の主要なポイントをすぐにキャッチし、鑑賞するかどうかを判断するのが容易になります。また、自らが作成したYouTubeのタイムラインを紹介するのにも役立ちます。ChatGPTの技術を活用しており、動画内容をベースに会話も楽しめるのが魅力。YouTubeのURLをページに貼り付けるだけで、手間なく利用できるのも大きなメリットです。ただし、YouTuberからは動画の再生回数が減少する恐れがあるとの声も上がっているようですが、大量の動画を効率よく把握したいユーザーには有用なツールであることは間違いありません。

  • 特徴:YouTube動画の内容に関する質問を、チャット形式で答える。
  • 適用場面:動画コンテンツのさらなる深堀りや、情報の再確認。

DocsBot

『DocsBot AI』は、自社のWebサイトやブログのコンテンツに関する質問に自動で答えるAIチャットボットサービスです。ChatGPTベースの技術を使用しており、独自に学習させることが可能。特に、Webサイト運営者やブロガーにとっては、コードをコピー&ペーストするだけで手軽にサイトに組み込めるのが魅力的。これにより、訪問者の疑問や要望に迅速かつ的確に応答することができます。

  • 特徴:ドキュメントやワードプレスのXMLファイルの情報をチャットボットとして提供。
  • 適用場面:企業の内部ドキュメントの簡易検索や、ユーザーサポート。

FinChat

『Finchat.io』は、金融業界専門のAIチャットボットサービスです。750社以上の企業情報を網羅しており、投資家やアナリストの疑問に対して、即座に正確な情報を提供します。金融業界に特化した知識ベースを持つため、専門的な情報ニーズにも的確に応えることが可能です。

  • 特徴:金融業界専用のAIチャットボットサービス。
  • 適用場面:金融商品の案内や、顧客の質問応答。

これらのチャットボットは、それぞれ異なる特徴と機能を持っています。自分のニーズや目的に合わせて、適切なボットを選択しましょう。AIチャットボットの進化は止まりません。今後も更に多様なボットが登場することでしょう。今はまさに、AIとの新しいコミュニケーションの時代が始まった瞬間です。

関連している

最新の投稿