Adobe FireflyとGoogle Bardが神アップデート(マルチモーダルやり方)

Published on:

最近、Adobe FireflyとGoogle Bardが素晴らしいアップデートを実施しました。特に、Google Bardでは画像のアップロードと解析機能が追加されました。これにより、ユーザーは簡単に画像を利用してクリエイティブな作業を行うことができます。また、Adobe Fireflyには驚きのニュースがあります!なんと、日本語でのプロンプト入力が可能になりました。これにより、日本語を使用してより簡単に画像の出力が行えるようになりました。さらに、Google Bardには他にも多くの機能が搭載されているようですので、ぜひお試しください。

【朗報】Adobe FireflyとGoogle Bardが神アップデート(マルチモーダルやり方) [VIDEO]

このビデオでは、Adobe FireflyとGoogle Bardの最新のアップデートについて紹介します。まず、Google Bardのアップデートについてです。Google BardはAIチャットボットであり、クリエイターがアイデアを共有し、ビジュアルコンテンツを作成するためのツールです。最新のアップデートにより、Google Bardは画像のアップロードと解析機能を備えるようになりました。これにより、ユーザーは簡単に画像を利用してクリエイティブな作業を行うことができます。

こちらも参照  Google Bard と Claude.ai の違いは何ですか?

次に、Adobe Fireflyのアップデートについてです。Adobe FireflyはAI生成アートのプロセスで知られており、最新のアップデートでは日本語のプロンプト入力が可能になりました。これにより、日本語を使用するユーザーはより簡単に日本語の画像を生成することができます。Adobe Fireflyは、合法的に所有された写真を使用して訓練されており、クリエイターコミュニティに対して透明性と信頼性を提供しています。

このビデオでは、Google BardとAdobe Fireflyのアップデートによってクリエイターがさらにクリエイティブな作業を行うことができるようになったことを紹介します。これらのアップデートにより、画像のアップロード、解析、生成がより簡単になり、ユーザーは自分のアイデアをビジュアルに表現することができます。ぜひこのビデオをご覧ください。

Google Bardの画像解析機能

hình ảnh

Google BardはAIチャットボットであり、最新のアップデートによって画像のアップロードと解析機能が追加されました。ユーザーは自分の作品やアイデアに関連する画像をBardにアップロードすることができます。そして、Bardはその画像を解析し、テキストや情報を生成します。これにより、ユーザーは独自の視覚的なコンテンツを作成する際に、画像を簡単に活用することができます。例えば、特定のキーワードやトピックに関連する画像をアップロードすると、Bardはそれに基づいて関連する情報やアイデアを提供します。

Adobe Fireflyの日本語対応

アドビの生成AI「Firefly」、日本語に対応 - ITmedia NEWS

驚きのニュースです!Adobe Fireflyは日本語でのプロンプト入力に対応しました。これまでにない進化です。ユーザーは日本語でテキストを入力するだけで、簡単に日本語の画像を生成することができます。Fireflyは日本語のテキストを解析し、その内容に基づいて美しい画像を生成します。これにより、日本語を使用するユーザーはより直感的かつ自然な方法でクリエイティブな作業を行うことができます。Fireflyの日本語対応は、日本語を話すクリエイターコミュニティにとって大きな進歩です。

Google Bardのその他の機能

Google Bardには画像解析機能以外にもさまざまな便利な機能があります。例えば、テキストから画像への変換機能があります。ユーザーはテキストを入力するだけで、Bardがそれに基づいて鮮やかな画像を生成します。さらに、Bardはテキストと画像の相互作用を通じて、直感的でクリエイティブな作業をサポートします。ユーザーは自分のアイデアやストーリーをテキストで入力し、Bardがそれをビジュアルに変換してくれます。これにより、ユーザーは効果的なコミュニケーションやインスピレーションを得ることができます。

Adobe FireflyとGoogle Bardの強力なパートナーシップ

Google Bard integration with Adobe Firefly | WePC

Google Bardにおける最も興味深い変更点の一つは、Adobe Fireflyとの新しい統合によるAI画像生成機能の追加です。

ユーザーは、Bard AIとAdobe Fireflyの新しい統合によって、会話の中でAIによる画像生成を行うことができます。MidjourneyやDall-Eなど、優れたAIアートクリエイターのような機能を利用しながら、Bardを使って画像を生成することができます。会話から必要な画像を簡単に作成するためには、適切なプロンプトを設定するだけで十分です。Bardは、プロンプトに基づいて複数の画像を生成し、ユーザーはそれらを編集やデザインの調整ができます。

Adobe FireflyとGoogle Bardのパートナーシップは、クリエイターにとって非常に強力な組み合わせです。Adobe Fireflyは、AI生成アートの分野で高い評価を受けており、法的に所有された画像を使用してトレーニングされています。このパートナーシップにより、Adobe Fireflyの信頼性と透明性がBardにも統合され、クリエイターに優れた生成AIの体験を提供します。

また、Adobe Fireflyの統合により、Bardはより多くのビジュアルデザインの可能性を提供します。ユーザーは、Bardを通じてテキストベースでアイデアを入力し、Adobe Fireflyがそれに基づいて美しい画像を生成します。この組み合わせにより、クリエイターは独自のビジョンを実現するために、AIとの協力を活用することができます。

Adobe FireflyとGoogle Bardの強力なパートナーシップは、クリエイティブな作業やデザインプロセスを進化させ、クリエイターに革新的なツールを提供します。

こちらも参照  Google生成AI「Bard」が大幅アプデ

FireflyによるBardの強化

Adobe FireflyとGoogle Bardのパートナーシップにより、クリエイターはこれまで以上に自由に想像力を発揮することができるようになりました。FireflyはAIによる生成アートの創造において倫理的なアプローチで知られています。競合他社のモデルとは異なり、FireflyはAdobeが合法的に所有する写真を使用して訓練されています。これにより、AdobeとGoogleの協力関係は創造性を超えて透明性と信頼性を重視しています。Content Authenticity Initiative(CAI)との統合により、Bard内でFireflyによって生成された画像にはコンテンツの信頼性に関する情報がタグ付けされ、制作プロセスとその後の編集に関する貴重な情報が提供されます。

Bardのユーザーは、強力なクリエイティブプロセスにアクセスできます。彼らはFireflyを使用して写真を作成し、自分のアイデアについてBardに書き込み、Adobe Expressを使用して簡単に作品を編集および改善することができます。Firefly、Bard、Expressの組み合わせにより、多様なバックグラウンドを持つクリエイターが、美しい画像の作成、オーセンティックなストーリーの伝達、ソーシャルメディアマーケティングの開発など、無限のオプションを手に入れることができます。AdobeとGoogleのパートナーシップは、創造者コミュニティに対する取り組みを象徴しており、商業的に実用的かつ倫理的な生成AIのアプローチを提供しています。

Bardの魅力的なクリエイティブプロセス

Bardは、クリエイターにとって強力なクリエイティブプロセスを提供します。Fireflyを使用して写真を作成し、Bardにアイデアについて書き込み、Adobe Expressを使用して作品を簡単に編集および改善することができます。これにより、クリエイターは自分のビジョンを実現するための豊富なオプションを手に入れることができます。Bardは、美しい画像の作成、オーセンティックなストーリーの伝達、ソーシャルメディアマーケティングの開発など、さまざまな目的に活用することができます。

Google Bardとは?

Bard: What you need to know about Google AI chatbot

Google Bardは、AIチャットボットであり、クリエイターがアイデアを共有し、ビジュアルコンテンツを作成するためのツールです。Bardは、ユーザーがテキストを入力するだけで、それに基づいて応答するビジュアル情報を生成します。Bardは、テキストと画像の相互作用を通じて、クリエイターが直感的かつ簡単に美しいビジュアルコンテンツを作成できるようにサポートします。Adobe Fireflyとのパートナーシップにより、Bardはより多くの機能とパフォーマンスを提供し、クリエイターの創造力を促進します。

Adobe Fireflyとは?

Adobe Firefly Generative AI & Adobe Express to inspire millions to create in partnership with Google | Adobe Blog

Adobe Firefly(アドビファイアフライ)は、Adobeが開発したAI生成アートのシステムです。このシステムは、画像やビジュアルコンテンツを自動的に生成するために訓練されたAIモデルです。Adobe Fireflyは、エシカルなアプローチを重視しており、Adobeが合法的に所有する写真を使用して訓練されています。そのため、生成された画像は信頼性と透明性があります。

Adobe Fireflyは、テキストから画像への変換能力に優れており、クリエイターがアイデアやコンセプトをテキストで入力すると、それに基づいて美しい画像を生成します。例えば、文章で自然の風景を表現したり、抽象的なアイデアをビジュアル化したりすることができます。

また、Adobe Fireflyは日本語にも対応しており、日本語のテキストを入力することで、日本語のコンテンツに特化した画像生成が可能です。日本語の文化や風景に関連するイメージを生成することができるため、日本語を使用するクリエイターコミュニティにとって非常に便利なツールとなっています。

Adobe Fireflyは、クリエイティブな作業やデザインプロセスをサポートするための強力なツールです。その進化した機能と柔軟性により、クリエイターはより豊かなビジュアル体験を作り出すことができます。

Adobe Fireflyの使い方

Google Bard can now create and edit images, thanks to Adobe | Digital Trends

Adobe Fireflyの使い方について説明します。

  1. ログイン方法: Adobe Fireflyを利用するには、Adobe Creative Cloudのアカウントでログインする必要があります。Adobe Creative Cloudのウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成またはログインしてください。
  2. 「テキストから画像へ」で画像生成: Adobe Fireflyでは、テキストから画像への変換が可能です。テキストフィールドに入力した文章やキーワードに基づいて、Fireflyが美しい画像を生成します。テキストフィールドに適切な文章やキーワードを入力し、生成ボタンをクリックすると、関連する画像が表示されます。
  3. 「ジェネレーティブフィル」で画像生成: Fireflyには「ジェネレーティブフィル」と呼ばれる機能もあります。この機能を使用すると、複数の画像を組み合わせて新しい画像を生成することができます。ジェネレーティブフィルを選択し、複数の画像をアップロードまたは選択して、生成ボタンをクリックすると、独自の画像が生成されます。
  4. 「テキスト効果」で画像生成: テキスト効果は、テキストに特殊な効果を追加して画像を生成する機能です。テキストフィールドに入力した文章に対して、エフェクトやスタイルを適用することができます。テキストフィールドに文章を入力し、テキスト効果オプションを選択して、生成ボタンをクリックすると、スタイリッシュなテキスト画像が生成されます。
  5. 「生成的な再カラー」でカラーの変更: Fireflyの「生成的な再カラー」機能を使用すると、画像のカラーパレットを自動的に変更することができます。生成したい画像をアップロードまたは選択し、生成的な再カラーオプションを選択して、生成ボタンをクリックすると、異なるカラーバリエーションの画像が生成されます。
  6. その他の機能: Adobe Fireflyにはさまざまなその他の機能もあります。たとえば、画像のフィルタリングやエフェクトの追加、テキストや形状の重ね合わせなどが可能です。Fireflyのユーザーインターフェースを探索して、さまざまな機能を試してみてください。

以上がAdobe Fireflyの使い方の概要です。Fireflyを活用して、クリエイティブな画像やデザインを作成しましょう。

Adobe Firefly エフェクト

Adobe Fireflyの機能について以下で説明いたします。

  1. 著作権にも配慮された画像生成AIである: Adobe Fireflyは、画像生成の際に著作権を考慮したアプローチを採用しています。FireflyはAdobeが所有する合法的な画像を使用してトレーニングされており、クリエイターに信頼性の高い画像を提供します。これにより、法的な問題を回避しながら高品質な画像を生成することができます。
  2. 倫理面にも配慮された画像生成AIである: Adobe Fireflyは、倫理的な観点からも設計された画像生成AIです。Fireflyはエチカルなアプローチを重視し、クリエイターに透明性と信頼性を提供します。生成された画像に関する情報や編集の履歴など、重要なコンテンツの情報を提供することで、倫理的な使用をサポートしています。
  3. Adobeが提供する他ツールとの連携: Adobe Fireflyは、他のAdobeツールとの連携も可能です。例えば、Adobe Creative Cloudの他のアプリケーションやツールとシームレスに連携することができます。Fireflyで生成した画像を他のアプリケーションで編集したり、デザインに組み込んだりすることができます。これにより、より一貫性のあるクリエイティブな作業が実現します。
  4. クオリティ・生成速度・カスタマイズ性が高い: Adobe Fireflyは、高品質な画像を生成するだけでなく、高速で効率的なパフォーマンスを提供します。AIモデルのトレーニングと最適化により、迅速な画像生成が可能となります。また、ユーザーは生成された画像を細かくカスタマイズすることもできます。色の変更やフィルタの追加など、さまざまなカスタマイズオプションが利用できます。
  5. 共有・管理のしやすさ: Adobe Fireflyは、生成された画像の共有と管理が容易です。クリエイターは生成した画像を簡単に共有できるだけでなく、管理も効率的に行うことができます。画像の履歴やバージョン管理、ライセンス情報などの重要なデータを効果的に管理することができます。
こちらも参照  吟遊詩人の応答を再確認するためのGoogle It V2の活用方法

以上がAdobe Fireflyの主な特徴と利点です。高品質で倫理的に配慮された画像生成AIとして、クリエイティブな作業をサポートします。

Adobe Fireflyの短所

Adobe Firefly(ベータ版)の短所について以下で説明いたします。

  1. カスタマイズオプションの限定 Adobe Firefly(ベータ版)の欠点の一つは、カスタマイズオプションが限定されていることです。Fireflyの生成AIアルゴリズムは、ユーザーの入力に基づいてデザインを作成しますが、デザインのレイアウトやカラースキーム、タイポグラフィなど、細かな部分を細かく調整することはできません。デザイナーがより多くの制御を求める場合には制約となる可能性があります。
  2. 制御の不足 Adobe Firefly(ベータ版)のもう一つの欠点は、ユーザーがデザインに対して制御できる範囲が少ないことです。このツールは生成AIアルゴリズムに頼ってデザインを作成するため、ユーザーはデザインプロセスのすべての側面を制御することはできません。デザイナーが自分のデザインに完全な制御を持ちたいと思う場合には、これはfrustratingな要素となるかもしれません。
  3. 互換性の問題 Adobe Firefly(ベータ版)はまだベータモードであるため、他のソフトウェアやツールとの互換性の問題が発生する可能性があります。一部のデザイナーは、Fireflyが既存のワークフローと互換性がないと感じるかもしれません。これは重大な欠点となることがあります。
  4. インターネット接続の依存 Adobe Firefly(ベータ版)のもう一つの潜在的なデメリットは、インターネット接続に依存していることです。ユーザーがインターネット接続が弱い地域にいる場合や、Adobeのサーバーに問題がある場合には問題が発生する可能性があります。

以上がAdobe Firefly(ベータ版)の短所の説明です。これらの要素はデザイナーにとって制約となる可能性がありますが、ベータ版であるため今後のアップデートで改善される可能性もあります。

Adobe FireflyのアップデートでスキルがなくてもAI副業で稼げるようになる

Adobe Fireflyは、AIを活用した画像生成ツールとして有名ですが、最新のアップデートにより、動画編集のスキルがなくてもAI副業で稼げるようになりました。この記事では、新機能の使い方と具体的な横→縦動画、縦→横動画の作成方法について詳しく解説します。

横→縦動画の作成方法

Adobe Fireflyを使って、横型の動画を縦型に変換する方法を紹介します。縦型動画は、特にスマートフォン向けのコンテンツ制作に役立ちます。

ステップ1: プロジェクトの作成

  1. Adobe Fireflyアプリを起動し、新しいプロジェクトを作成します。
  2. プロジェクトの設定で、縦型の画面比率を選択します。通常、9:16が使われます。

ステップ2: 動画のインポート

既存の横型動画をプロジェクトにインポートします。ファイルを選択し、プロジェクトに追加します。

ステップ3: 編集と変換

  1. インポートした動画をタイムラインに配置します。
  2. Adobe FireflyのAI機能を使用して、動画を縦型に変換します。自動調整オプションを選択すると、AIが最適な調整を行います。
  3. 必要に応じて、テキストやエフェクトを追加して動画をカスタマイズします。

ステップ4: エクスポート

  1. 編集が完了したら、動画をエクスポートします。フォーマットや解像度を選択し、エクスポートボタンをクリックします。
  2. エクスポートが完了すると、縦型の動画が保存されます。

これで、横型の動画を簡単に縦型に変換することができます。スマートフォン向けのコンテンツ制作に便利です。

縦→横動画の作成方法

次に、Adobe Fireflyを使って縦型の動画を横型に変換する方法について説明します。横型動画は、YouTubeやテレビなどのプラットフォームで利用されます。

ステップ1: プロジェクトの作成

  1. Adobe Fireflyアプリを起動し、新しいプロジェクトを作成します。
  2. プロジェクトの設定で、横型の画面比率を選択します。通常、16:9が使われます。

ステップ2: 動画のインポート

縦型の動画をプロジェクトにインポートします。ファイルを選択し、プロジェクトに追加します。

ステップ3: 編集と変換

  1. インポートした動画をタイムラインに配置します。
  2. Adobe FireflyのAI機能を使用して、動画を横型に変換します。自動調整オプションを選択すると、AIが最適な調整を行います。
  3. 必要に応じて、テキストやエフェクトを追加して動画をカスタマイズします。

ステップ4: エクスポート

  1. 編集が完了したら、動画をエクスポートします。フォーマットや解像度を選択し、エクスポートボタンをクリックします。
  2. エクスポートが完了すると、横型の動画が保存されます。

これで、縦型の動画を簡単に横型に変換することができます。YouTubeなどのプラットフォームに適した形式に変更できます。

よくある質問

Google Bardはどのように機能しますか?

Google BardはAIチャットボットであり、テキストを入力するとそれに基づいてビジュアル情報を生成します。クリエイターは直感的にビジュアルコンテンツを作成することができます。

BardにFireflyの機能が統合される予定はありますか?

まだ公式な発表はありませんが、GoogleはFireflyの統合を計画しています。近い将来、AI画像生成がBardで利用可能になるでしょう。

Fireflyの生成された画像には信頼性の情報が含まれますか?

はい、Fireflyによって生成された画像はContent Authenticity Initiative(CAI)によってタグ付けされ、信頼性に関する情報が提供されます。

Bardはどのような目的に利用できますか?

Bardは、美しい画像の作成、オーセンティックなストーリーの伝達、ソーシャルメディアマーケティングの開発など、さまざまな目的に活用することができます。

Adobe Expressは無料ですか?

はい、Adobe Expressは無料のビジュアルデザインツールです。ユーザーはテンプレート、フォント、ストック写真などのリソースにアクセスできます。

まとめ

Adobe FireflyとGoogle Bardの神アップデートにより、クリエイターはさまざまな新機能を活用することができます。Google Bardでは画像のアップロードと解析機能が追加され、さらにテキストから画像への変換機能も備わっています。また、Adobe Fireflyの日本語対応により、日本語を使用するユーザーも簡単に美しい画像を生成することができます。これらの進化は、クリエイターコミュニティにとって大きな進歩であり、よりクリエイティブな作業をサポートしています。

参照: https://note.com/yoshitomo_cpa/n/n40d66744e608

関連している

最新の投稿