ChatGPTによって書かれた記事を見分ける方法とは?検出の手法は?

Published on:

近年、AI技術の進化により、私たちの日常生活にますますその存在が浸透してきています。その一環として、文章生成AIであるChatGPTも注目を集めています。しかし、こうしたAIが書いた記事を見分けることは重要です。本記事では、記事がChatGPTによって書かれたかどうかを見極める方法について詳しく説明します。

記事の特徴を見極める

ChatGPTによって書かれた記事は、いくつかの特徴を持っています。これらの特徴を見極めることで、AI生成テキストを識別する手助けとなります。

こちらも参照  チャットGPTを会議に使用するには? 会議メモを取る5つの優れたChatGPTツール

シンプルで反復的な構造

ChatGPTによって書かれた記事は、シンプルで反復的な構造を持つことがあります。一貫した文章構造や同じような文の繰り返しが特徴です。これは人間が書く文章とは異なる特徴です。

論理的・事実的な誤り

AI生成テキストは、論理的な誤りや事実に基づかない表現が含まれることがあります。文章の中に誤った情報や矛盾が見られる場合、それがAIによって生成された可能性が高いです。

AI生成テキストを検出するツール

記事の作者がAIかどうかを見極めるためには、いくつかのツールが利用できます。しかし、完璧な検出は難しく、誤検出のリスクもあることを理解しておく必要があります。

言語モデルを利用したツール

多くのオンラインツールは、言語モデルを使用して記事のテキストをスキャンし、AI生成テキストを検出しようとします。これらのツールは、ChatGPT-4などの言語モデルを利用しています。具体的なツールには以下があります:

  • Undetectable AI: AI生成テキストと人間によるテキストを区別できないようにするツール。複数のAI検出ツールの結果を元にスコアを付け、テキストがAIによって生成されたかどうかを判定します。
  • Originality: 主に大手出版社やコンテンツ制作者向けのツール。ChatGPT-4を利用してAIによって書かれたテキストを検出します。

指標に基づく判定

これらのツールは、AI生成テキストの可能性をパーセンテージで示すことがあります。例えば、テキストが96%人間によるものであり、4%がAI生成と判定される場合、そのテキストは人間によって書かれたものとされます。スコアが40〜50%以上の場合、AI生成テキストの可能性が高いです。しかし、これらのツールは完璧ではなく、誤検出が発生することもあります。

こちらも参照  ChatGPT で生成されたコンテンツを検出するための 15 のベスト AI 盗作チェッカー

AI生成テキストの検出を向上させる方法

AI生成テキストを検出するツールだけでなく、自身でもAI生成コンテンツを見分ける能力を向上させることができます。

訓練された感覚を持つ

GoogleのAI部門であるGoogle BrainのシニアリサーチサイエンティストであるDaphne Ippolitoは、「本物か偽物のテキスト(ROFT)」というゲームを開発しました。このゲームは、人間による文章とAI生成の文章を見分けるための訓練を提供します。Ippolitoによれば、AI生成テキストの特徴の一つは、「コーヒーを淹れるのに2時間かかる」といった意味のない文です。このゲームは、このような誤りを見つける能力を養うのに役立ちます。

今後の展望

AI技術は急速に進化しており、常に新しいモデルや手法が登場しています。これにより、AI生成テキストの検出方法も常に改善されていく必要があります。メリッサ・ヘイキラがMIT Technology Reviewで指摘しているように、AI生成テキストの進化に追いつくための闘いが続いています。

ChatGPT およびその他の AI ツールによって書かれたテキストを検出する方法

AI技術の進化により、私たちの生活はますます便利になっていますが、その一方で人工知能によるコンテンツの生成と編集が増えています。その中でも、ChatGPTなどの言語モデルによって生成された文章は、リアルな文章との区別が難しいことから、真実と虚偽の判断が難しくなっています。この記事では、ChatGPTや他のAIツールによって書かれたテキストを検出する方法について詳しく説明します。

AI生成テキストの特徴

AIによる生成テキストにはいくつかの特徴があります。これらの特徴を検出することで、AI生成の文章を識別する手がかりを得ることができます。

  • パターンの一貫性: AI生成テキストは一貫したパターンを持ちます。例えば、同じ表現や語彙の繰り返しが多いことがあります。人間が執筆する場合と比べて、過度に整った印象があります。
  • 完璧な文法と構造: AI生成テキストは文法的に正確で整った構造を持ちます。一方、人間の執筆スタイルは完璧ではなく、時には文法的なミスや不規則な表現が含まれます。
  • クリエイティビティの欠如: AI生成テキストは一般にクリエイティブな要素が欠けており、より予測可能な内容を含んでいます。一方、人間の執筆スタイルは独自性や創造性があります。
こちらも参照  Open Interpreterをローカル環境で手軽に活用しよう

AIテキストの検出方法

AIによって生成されたテキストを検出するためには、いくつかの方法があります。以下にその方法を解説します。

パターンの分析

AI生成テキストは特定のパターンを持っているため、これを分析することで検出が可能です。具体的には、次の点を注意深く観察します。

  • 重複する表現やフレーズの存在
  • 特定の語彙の繰り返し
  • 文章の流れや構造の一貫性

これらの要素が強調されているテキストは、AI生成の可能性が高いと考えられます。

AI検出ツールの利用

検出ツールを使用することで、AIによって生成されたテキストを特定することができます。以下はいくつかの有用なツールです。

  • Undetectable.AI: このツールは、複数のAI検出ツールを組み合わせて利用することで、高い検出精度を実現しています。複数のツールの結果を比較することで、AI生成の可能性を判断します。
  • CopyLeaks: CopyLeaksは、AIによって生成されたテキストを検出するための直感的なツールです。簡単にテキストを貼り付けることで、AI生成の可能性を判定することができます。
  • Originality AI: Originalityは、AI生成テキストを検出するためのツールであり、大量のコンテンツを一度に検出することができます。ただし、一部の場合に誤検出する可能性があるため、注意が必要です。
  • Content At Scale: Content At ScaleのAI Detectorは、AI生成の可能性を行ごとに分析してくれます。複数のテキストをテストすることで、AI生成の傾向を把握することができます。
  • Gold Penguin’s AI Detector: このツールは、他のツールとは異なり、AI生成の可能性を比較的保守的に判断します。AI検出の誤報を最小限に抑えつつ、テキストを検出します。

パターン認識の活用

AI生成テキストは、特定のパターンを認識して生成されるため、これを利用して検出する方法もあります。AIは大量のデータからパターンを学習するため、テキスト内の一貫性や予測可能なシーケンスを分析することで、AI生成の可能性を判断します。

AIによって生成されたテキストを100%確実に検出する方法は存在しません。検出ツールや分析方法は予測に基づいており、誤検出する可能性があることを理解しておく必要があります。テキストの検出結果を判断する際には、複数のツールを使用したり、同じ著者の複数のテキストを比較したりすることが大切です。ChatGPTのようなAIテキストが進化する中、検出技術も進化していくことでしょう。

まとめ

記事がChatGPTによって書かれたかどうかを見極めることは、現代のデジタル時代において重要です。シンプルで反復的な構造や論理的・事実的な誤りなどの特徴を見極めることで、AI生成テキストを識別する手がかりを得ることができます。また、言語モデルを活用したツールや自身の訓練によって、AI生成テキストの検出能力を向上させることも可能です。現在の検出方法が追いつく速さでAI技術が進化しているため、常に最新情報にアクセスすることが大切です。

関連している

最新の投稿