McKinseyの新AIツール「Lilli」がもたらすビジネスへの可能性

Published on:

近年、テクノロジーの進化はビジネスの世界にも大きな影響を与えています。その中でも、ジェネレーティブAI(人工知能)の導入は、企業の業務効率化や意思決定の強力なツールとして注目を浴びています。その最先端を走るコンサルティング会社であるMcKinsey and Companyが、新たなジェネレーティブAIツール「Lilli」を発表しました。ここでは、「Lilli」の特徴や活用方法について詳しく見ていきましょう。

McKinseyとは

McKinsey and Companyは、コンサルティング業界において100年近い歴史を持ち、世界最大のコンサルティング会社として知られています。その豊富な経験と専門知識を活かし、企業の課題解決や業績向上を支援してきました。このMcKinseyが、CTO Jacky Wright率いるチームによって開発されたのが、「Lilli」というジェネレーティブAIツールです。

こちらも参照  生成AIモデル構築統合ツール「NVIDIA AI Workbench」

Lilliの特徴

「Lilli」は、社員向けの新しいチャットアプリケーションとして設計されています。その主な特徴を以下にまとめてみましょう。

  • 情報提供と洞察: Lilliは、企業内の情報や洞察を提供します。社員は簡単に必要な情報にアクセスでき、意思決定をサポートできます。
  • 専門家の推薦: コンサルティングプロジェクトにおいて、最適な専門家を推薦します。LilliのAIは、プロジェクトに関連する知識やスキルを持つ社員を特定し、効果的なチーム編成を支援します。
  • 作業効率化: Lilliを活用することで、作業効率が向上します。調査や計画作業に費やす時間が数週間から数時間、または数時間から数分に短縮されるという報告があります。

背景と命名

「Lilli」という名前は、McKinseyが1945年に初めてプロフェッショナルサービスに女性社員Lillian Dombrowskiの採用を行ったことに由来しています。この名前は、多様性と包括性を尊重する姿勢を示しています。ベータ版は2023年6月に開始され、今秋には全社での展開が予定されています。

Lilliのインターフェースと使い方

Lilliのインターフェースは使いやすく、以下の点が特徴です。

  • テキスト入力ボックス: ユーザは質問や検索、プロンプトをテキスト入力ボックスに入力します。
  • チャット表示: ユーザのプロンプトとLilliの応答が時系列に続くチャット形式で表示されます。
  • 保存されたプロンプトの修正: ユーザは保存されたプロンプトを修正し、自分の好みに合わせて利用できます。
  • インターフェースの切り替え: 「GenAI Chat」と「Client Capabilities」という2つのタブがあり、異なる情報源からデータを取得できます。
こちらも参照  アリババの大規模言語モデル「通義千問」一般公開

Lilliの活用方法

Lilliは、さまざまな業務で活用することができます。例えば、

  • 初期調査の支援: コンサルタントはクライアントの業界や競合他社に関する初期調査にLilliを活用し、必要な情報を迅速に収集できます。
  • プロジェクト計画の立案: クライアントとのプロジェクト計画を立案する際にもLilliが役立ちます。過去のデータや情報を基に、効果的な計画を策定できます。
  • 洞察の提供: Lilliは洞察を提供することも得意です。例えば、将来の市場動向やトレンドに関する情報を短時間で提供できます。

Lilliの安全性と将来展望

Lilliは顧客データのセキュリティにも配慮されています。将来的には、顧客の情報や書類を安全にアップロードし、プライベートな分析を行う機能も考えられています。また、McKinseyはLilliを社外向けに提供する可能性も検討しており、より多くの企業やクライアントが利用できる可能性があります。

まとめ

McKinseyの新たなジェネレーティブAIツール「Lilli」は、コンサルティング業務の効率化と意思決定のサポートに革命をもたらす可能性があります。情報提供や専門家の推薦、作業効率化といった多彩な機能を持ち、企業のさまざまな課題に対して貢献することが期待されます。将来的な展望も含めて、Lilliの活用がどのように進化していくのか、注目です。

関連している

最新の投稿